楽しむ競馬回収作戦•『先週の重賞回顧』アーリントンカップ他

コントレイルとサリオスの一騎討ちで盛り上がった皐月賞だが、先週はその他にも3歳マイル路線に向かって飛躍を期すアーリントンカップと、ダートのGIを狙う歴戦の古馬達が競うアンタレスステークスが行われた。

人気のタイセイビジョンが強さを見せ付けたアーリントンカップと、反面、荒れた結果になったアンタレスステークス。この2つの重賞を振り返ってみる。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● アーリントンカップ

勝ったのは1番人気タイセイビジョン。序盤は中団に付けたが、馬群の中で後方に下がって3コーナーでは後ろから2頭目。この位置では苦しいと思ったが鞍上はこのところ重賞で勝負強さを発揮している石橋脩。

4コーナーから直線入り口にかけて巧くインに入り込んで、鮮やかに抜け出した。瞬発力に加えて最後まで衰えない末脚で2馬身差の貫禄勝ち。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

道中は好位の後ろで脚を溜めていたギルデッドミラー。巧くインにコースを取ったタイセイビジョンには及ばなかっが、最後はじり脚だったが外から伸びて2着を確保。牝馬では最上位と存在感を見せてくれた。

3着のプリンスリターンは前走同様の積極的な競馬で終始2番手。直線も最後まで粘ってギルデッドミラーに交わされたが、朝日杯フィチュリティステークスやシンザン記念の善戦がフロックでない事を示してくれた。この先行力を磨いていけば重賞ウイナーになれる日も遠くはなさそう。

● アンタレスステークス

スタートはよかったがすぐに後ろに下がって後方2番手。そのまま3コーナーまで馬順は変わらなかったウェスタールンド。有力馬が好位に上がっていたので苦しいかと思われたが、4コーナーから直線にかけて皐月賞のコントレイルを見ているような、大外からのマクリ。

直線に入っても他の馬とは別次元の脚で最後まで衰えず、大外を35.0の脚で突っ切った。8歳とは思えない若々しい競馬で、これからも怒濤の追い込みから目が離せない。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

中団から好位と同じような位置で競馬を進めたアナザートゥルースとクリンチャー。前にいたリワードアンヴァルを交わすのに手間取って、勝ち馬に後れを取ったが、積極的なレースは次走に期待が持てる内容。

それに引き換え、2番手に付けたまま直線に入って抜け出しを図った1番人気のベストタッチダウン。直線半ばまでは踏ん張っていたが、急に失速してまさかの14着。オープンの壁なのか次走が試金石になる。

膨大なデータも自分でカスタマイズ馬柱できる【Deep】

コメント

タイトルとURLをコピーしました