楽しむ競馬回収作戦•『先週の重賞回顧』マイラーズカップ

快晴で絶好の馬場コンディションで開催された先週の東京、京都、福島競馬場。ただ、土曜日は万馬券連発で特に京都が大荒れ。日曜日は東京が強風で馬が走り難そうな場面が見られた。

データ的には無観客開催は人気馬が好走しているという報告もあるが、今週の人気薄の馬の激走を見ていると、無観客開催が与える馬への心理面の影響はよく分からない。

今回はマイル王インディチャンプが予想通りの強さを見せ付けたマイラーズカップの回顧。

膨大なデータも自分でカスタマイズ馬柱できる【Deep】

● マイラーズカップ

余裕綽々の無駄の無い走り。正に王者の風格だった。1頭だけ58キロを背負って次走安田記念前の小手調べ的なレース。目標にしていた香港でのレースをコロナウイルス感染拡大によって取り止め。八分か九分くらいの仕上げと思われる状態。

色々な懸念材料がある中迎えたレースは、改善されたスタートで好発進。最内枠から難なく4番手という好位置をキープ。この時点で勝敗は決したも同然。後は直線で真ん中に持ち出すだけ。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

前の2頭を楽に抜き去り鞍上も強いて鞭打つ風もなく、競り合う相手もなく調教でもこなしたように楽々とゴールイン。安田記念は強豪、マイルのスペシャリストが集うが、一頭抜けた存在になったと言っても過言ではない。

2着はベステンダンク。逃げたランスオブプラーナをマークして終始2番手でレースを運び、インディチャンプには交わされたが猛追してきたヴァンドギャルドを凌いで穴党を喜ばせた。

3着のヴァンドドギャルドは前走同様にスタートで遅れた。4コーナーを回った時点で最後方の位置から直線大外から32.7の鬼脚を見せたが、スタートを改善しない限りは重賞を勝つのは苦しい。

世界中で2秒に1本売れる!クレンジング水【ビオデルマ サンシビオ エイチツーオーD】

コメント

タイトルとURLをコピーしました