楽しむ競馬回収作戦•『先週の重賞回顧』フローラステークス

新緑の最も過ごすやすいこの時期、競馬観戦にも最適な季節だが、残念ながらまだまだ無観客開催は続きそう。ただ、競馬関係者に多数の感染者が出ない限りは開催そのものは大丈夫のようだ。

今年のクラシック戦線は牡馬にコントレイル、牝馬にデアリングタクトという強力なスターが現れたが、まだまだ他馬も諦めずにこの2頭を追っている。

今回は牝馬クラシック第2戦オークスに向けて、デアリングタクトへ挑戦する新しい候補者を選ぶ『フローラステークス』のレースを回顧する。

世界中で2秒に1本売れる!クレンジング水【ビオデルマ サンシビオ エイチツーオーD】

● フローラステークス

好枠を活かして道中は常に3、4番手の内をキープ。横いっぱいに広がった直線は最インの馬を外からスルリと交わすと、強い向かい風をものともしないでインコースを力強く伸びるウインマリリン。

外から懸命に追い掛けるホウオウピースフルと、ファナをクビ差振り切って4戦3勝目が初めての重賞制覇のゴール。この馬の勝ち鞍全てに騎乗した横山武も重賞挑戦18度目にして、初制覇。初々しいコンビで牝馬最強と言われるデアリングタクトに果たし状を突き付ける。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

常に勝ち馬をマークするように外側を走っていたホウオウピースフル。直線に入ったところでスムーズに先頭に立った勝ち馬に対して、直線半ばまでコース取りに苦しんだ分だけ遅れを取った。最後は差を詰めていただけに、本番で借りを返せるか。

16番枠からのスタートとなったフアナ。レーンが序盤に馬群を縫うようにして内側に移動。中団の馬群の中でレースを進める。直線はホウオウピースフル同様にコースを探している間に勝ち馬に抜け出された。しかし、ゴール直前の脚は最速の上がりが示すように最も勢いは良かった。この先の長距離戦で目が離せない存在になりそう。

サンスポZBAT!競馬から新サービス登場!【Deep】

コメント

タイトルとURLをコピーしました