楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』青葉賞

このところ晴天続きで初夏らしい青空と新緑のまぶしい毎日。コロナウイルス感染が嘘のような爽やかな日々だが、感染は深く広く蔓延しているのは間違いないので、皆さん気を緩める事なく『ゴールデンウィーク』も今年だけは『サイレントウィーク』のつもりで過ごして下さい。

そんな中、奇跡的に唯一延期も中止もなく開催されている競馬。今週は日曜日に京都競馬場で伝統の長距離GI『天皇賞(春)』土曜日にはダービーへの挑戦権を掛けた『青葉賞』が東京競馬場で行われる。今回は青葉賞の重賞チェック。

世界中で2秒に1本売れる!クレンジング水

● 青葉賞(GⅡ) 芝 2400m

出走馬

アイアンバローズ  牡3 56 武藤

アピテソーロ    牡3 56 江田照

アラタ       牡3 56 大野

ヴァルコス     牡3 56 三浦

オーソリティ    牡3 56 ヒューイットソン

コンドゥクシオン  牡3 56 石橋脩

サーストンカイドー 牡3 56 内田博

ダノンセレスタ   牡3 56 丸山

ディアスティマ   牡3 56 津村

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

ディアマンミノル  牡3 56 蛯名

フィリオアレグロ  牡3 56 レーン

フィロロッソ    牡3 56 田中勝

フライライクバード 牡3 56 福永

プリマヴィスタ   牡3 56 石川

ブルーミングスカイ 牡3 56 北村宏

メイショウボサツ  牡3 56 吉田豊

レアリザトゥール  牡3 56 武士沢

ロールオブサンダー 牡3 56 田辺

本命はフライライクバード。距離が2400に延びた未勝利戦、1勝クラス戦と連勝。特に前走のアザレア賞はスタートから好位に付けるも、序盤でスズカキングに寄られて後方からの競馬に。

更に3、4コーナーにかけて一気に外から上がって先団に飛び付き直線で先頭に近づいたところで再び、武豊のスズカキングの斜行で接触しかける不利。しかし、すぐに態勢を立て直して外から猛追して勝負強さを見せ付けた。

ダービーでは皐月賞馬コントレイルに騎乗が決まっている福永が、敢えて地元のGI天皇賞を捨てて選んだ馬。ダービーには乗れなくても長距離戦での先を見据えている。

2番手にはフィリオアレグロを推す。前走は新馬戦を勝ったばかりでいきなり重賞。さすがに荷が重かったかダーリントンホールにあっさり敗れてしまったが、まだキャリア2戦。まだまだ伸びしろがある上に馬体重プラス18キロと重かったか。今週の調教が良かった上に、比較的に前に行けるのも面白い。

あとは、オーソリティ。新馬、オープン戦と2連勝。少頭数とはいえ逃げるウインカーネリアンを直線余裕を持って交わした脚は秀逸。続いてホープフルステークス、弥生賞と強敵相手に戦った経験は貴重。このメンバーなら一着争いに加われる。比較的堅いレースになりそう。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました