楽しむ競馬回収作戦•『先週の重賞回顧』青葉賞

土日の競馬が終わった次の日の月曜日。まるで祭りの後の寂しさ、虚しさみたいでぐったり。特に、自粛ムードで競馬でしか盛り上がる事が出来ない今は、その落差も大きくせっかくの大型連休なのにベッドの中の時間が増えている。

また週末にも競馬はあるけど、月曜日、火曜日はテンションの上がらない日を送って、水曜日には週末のレース情報があらかた揃ってくるので少し元気が出て来て、後は週末まで盛り上がっていく……というのが最近の競馬絡みの一週間。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● 青葉賞

もともと、抜けた存在も見当たらずダービーのトライアルレースというより、ダービーの切符を摑むためだけの馬達のレースという立ち位置濃厚な今年の青葉賞。

それでも時々は、故障やデビューの遅れでいわゆる『遅れてきた大物』感のある有望な馬や、2400mの距離に魅力があってダービーの伏兵的存在になり得る馬が出走してくる場合もあるが、それも今年は2400mで連勝して人気になったフライライクバードだけ。

勝ったのはヒューイットソン騎乗3番人気のオーソリティ。好スタートからインの4、5番手という絶好の位置を確保。道中は位置を下げて7、8番手。そのまま4コーナーを回って直線。前が壁になりかけたとみたヒューイットソンが横移動のように、強引気味に外に持ち出す。

ゴール200m手前では8番手くらいだったが、そこから大外を力強く抜け出して先行から抜け出しを図ったヴァルコスをクビ差競り落として重賞初制覇。ダービーへの切符を勝利で勝ち取った。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

惜しくも2着のヴァルコス。スタートは良かったが無理しないで中団の外。3~4コーナーで早めに外から動いて直線は真ん中からジリジリ伸びる。最後は外から来た勝ち馬に切れ負けしたが、見事にダービー切符は手に入れた。

1番人気のフィリオアレグロは1~2コーナー辺りでは中団の内。向こう正面では更に位置を下げて12、13番手の内。4コーナーでインをついてスルスルと上がって来て、直線はゴール前200m付近でトップに。最後は外からの2頭に交わされたが、見せ場十分の3着。

サイト内で馬券も買える!あらゆるデータがあなたのものに!【Deep】

コメント

タイトルとURLをコピーしました