楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』京王杯スプリングカップ

先週に続く東京競馬場5週連続GⅠの第2弾ヴィクトリアマイルが行われる。人気はアーモンドアイに集中しそうだが、既に3歳時の絶対的強さは失われ、混戦模様。

更に、土曜日には5週連続GⅠの最後を飾る安田記念の前哨戦、京王杯スプリングカップが行われる。だいたいお馴染みのメンバーが揃った感じだが、その京王杯スプリングカップをチェックしてみる。

● 京王杯スプリングカップ GⅡ 芝1400m

出走予定馬

エントシャイデン  牡5 56 松山

グルーヴィット   牡4 56 Mデムーロ

ケイアイノーテック 牡5 57 石橋脩

ショウナンライズ  牡7 56 和田

ステルヴィオ    牡5 57 川田

ストーミーシー   牡7 56 田辺

セイウンコウセイ  牡7 57 内田博

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

タワーオブロンドン 牡5 58 ルメール

ダノンスマッシュ  牡5 56 レーン

ドーヴァー     牡7 56 三浦

ライラックカラー  牡5 56 武豊

ラヴィングアンサー 牡6 56 吉田豊

レッドアンシェル  牡6 56 福永

来月の安田記念を狙うメンバーが集結。マイル戦線は1200mから1600mまでこなすスプリンターと、1400mから1800mまでを守備範囲とするマイラーに二分される。インディチャンプ、アーモンドアイが後者としたら、京王杯スプリングカップの有力馬のタワーオブロンドン、ダノンスマッシュなどは明らかにスプリント組に属する。

京王杯杯スプリングカップの本命はズバリ、ダノンスマッシュ。この馬は1200mと1400mでこそ輝くスプリンターで、マイルは距離が長い。その上、底力のせいかGⅠでは少し荷が重い。安田記念前の前哨戦こそがこの馬の稼ぎ時とも言える。初めて手綱を取るレーンの乗り方次第では勝機濃厚。

サイト内で馬券も買える!あらゆるデータがあなたのものに!【Deep】

2番手は先行から安定したレース運びが身上のレッドアンシェル。1600万下で足踏みしたが、昨年CBC賞を福永を背に初の重賞制覇。とにかく、福永との相性抜群で5勝全てがこの鞍上。56キロなら好調な福永に導かれてアッサリ強豪を抑える可能性もある。

このメンバーでタワーオブロンドンを外す訳にもいかない。使った距離は1200m~1600mまでだが、1400mは負け無しの3連勝。この馬もダノンスマッシュ同様にマイルよりこのレースが狙いどころなのだろう。58キロは少しキツいが2戦続けて馬券圏内から外れる事は許されないレベルの馬。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

コメント

タイトルとURLをコピーしました