楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』平安ステークス

今週からクラシック第2弾オークスとダービーが相次いで行われる。どちらも、無敗の人気馬がいて注目を集めるがライバル達も虎視眈々と頂点を狙っている。

距離は同じ2400メートルだが、牡馬は皐月賞2000メートルだから、それ程距離延長に神経を尖らせる必要はないが、牝馬は桜花賞1600メートルからいきなり800メートル延びるのは、馬券戦術からも無視出来ない材料になる。

その日曜日のオークスの前に資金稼ぎとして土曜日の平安ステークスをチェックしてみる。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● 平安ステークス(GⅢ) ダ1900m

出走馬

アシャカトブ    牡4 56 武藤

アッシェンプッテル 牝4 54 太宰

オメガパフューム  牡5 59 北村友

ゴールドドリーム  牡7 58 藤岡佑

スマハマ      牡5 56 坂井

スワーヴアラミス  牡5 57 松田

ダンツゴウユウ   牡6 56 酒井

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ハヤヤッコ     牡4 57斉藤

ヒストリーメイカー 牡6 56 畑端

ヒロブレイブ    牡7 56 国分恭

マグナレガーロ   牡5 56 北村宏

ミツバ       牡8 58 松若

ロードレガリス   牡5 56 池添

ヴェンジェンス   牡7 57 幸

本命はロードレガリス。芝からダートに移してこれ程変わったのも珍しい。3歳時のJRAでは芝で6戦未勝利。そのまま大井に移籍した途端4戦3勝。JRA復帰後1勝クラスから3連勝。前走は昇級のオープンでも勝って4連勝。

しかも、大井からのダート8戦全て上がり最速。晴雨不問で確実に追い込んでくる。その上、差し一辺倒ではなく前目の競馬も出来る。別定戦で56キロも有利。ここ3戦は武豊が騎乗しているが、池添なら代打でも不安はなく芝並みの脚で差し切る。

サイト内で馬券も買える!あらゆるデータがあなたのものに!【Deep】

中団からの安定した競馬が身上のゴールドドリーム。前走のサウジCは6着に終わったが、2017年盛岡のマイルチャンピオンシップから12戦連続掲示板内。それも、馬券対象から外れたのはわずか2戦。58キロでもここなら優勝争い間違いなし。

逃げるのはスマハマ。枠順にもよるがポンと出たなら絡んでくる馬もなさそうでマイペースの逃げ。このところ着順がムラ気味だが、56キロならチャンス到来。実績馬のオメガパフュームは450キロ台の馬体で59キロはさすがに苦しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました