楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』マーメイドS

京都の天皇賞(春)から東京競馬場5週連続GⅠへと6週連続続いたGⅠ戦線も終わり、あとは宝塚記念を残すのみ。先週からは来年のダービー馬、オークス馬を目指す新馬戦が始まり、新しいスター候補馬を探し、POG指名馬を探してまた新たな楽しみを味わう季節がきた。

緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ気を緩める事が出来ないコロナウイルスと共生するような、鬱陶しい日々が続く。競馬も騎手や馬の移動制限は解けたが依然として無観客開催は続いている。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● マーメイドステークス(GⅢ) 芝2000m

出走馬

エアジーン     牝4 52 川田

オスカールビー   牝5 49 泉谷

サトノワルキューレ 牝5 54 幸

サマーセント    牝4 50 酒井

サラス       牝5 54 松若

センテュリオ    牝5 55 福永

ナルハヤ      牝6 51 藤田菜

パルクデラモール  牝5 50 川又

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

フィリアプーラ   牝4 54 菊沢

マルシュロレーヌ  牝4 50 高倉

ミスマンマミーア  牝5 53 小崎

リープフラウミルヒ 牝5 54 国分優

リュヌルージュ   牝5 53 団野

リンディーホップ  牝5 50 藤懸

レイホーロマンス  牝7 52 鮫島駿

レッドアネモス   牝4 54 北村友

期待通りに結果を出して条件戦では4勝2着4回と抜群の安定感でオープン入り。初重賞となった昨年のこのレースでも54キロで4着と好走。このメンバーでは優勝争いに加わるのは間違いない実力馬。このところスタートで後手を踏んで苦戦しているが、名手福永を配して万全。

良馬場ならエリザベス女王杯で4着になる程の力がある上、状態は高野調教師が自信を持った送り込む。最重量ハンディの55キロにも不安はない。ただ、気になるのは週末の馬場状態。前2走はスタートだけでなく渋った馬場が影響しているのも事実。それでも、ここでは負けられない存在。

あなたの生活をちょっとお得にするcolleee

2番手はサラス。昨年のこのレースの覇者。軽ハンディの51キロだったが最後方付近から直線だけでごぼう抜きの1着は力無くしては出来ない芸当。11ヶ月ぶりの前走は15着と惨敗したが、叩かれた今回は目を離せない。重馬場での好走もあり心強い。

不安定な梅雨時の馬場状態でお薦めするのがリュヌルージュ。前々走の中山牝馬ステークスで不良馬場の中、強豪相手に2着に粘った。その他に重馬場で4着、稍重で2着、3着と渋った馬場では外せない。枠順にもよるがすんなり先行出来れば馬券圏内に加わる可能性は高い

サイト内で馬券も買える!あらゆるデータがあなたのものに!【Deep】

コメント

タイトルとURLをコピーしました