楽しむ競馬回収作戦•『先週の重賞回顧』マーメイドステークス

先週から函館競馬が始まって3場開催になったが、その函館競馬場以外は梅雨入りして東京競馬場も阪神競馬場も不良馬場、重馬場でのレースがほとんど。やはり競馬はパンパンの良馬場で楽しみたいもの。

楽しむと言えば、緊急事態宣言も解除されて今週にはプロ野球も開幕。サッカーJリーグの開幕も迫ってきた上に、高校野球やインターハイの代替開催も各都道府県単位で始まっている。そろそろ、競馬も無観客から人数を制限しての開催に踏み切る時期ではないだろうか。楽しみにしたい。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● マーメイドステークス

1 13 サマーセント    酒井 2:01.1

2  6 センテュリオ    福永 3/4

3  1 リュヌルージュ   団野 1馬身1/4

4  3 ナルハヤ      藤田菜 クビ

5  7 エアジーン     川田 3/4

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

勝ったのは7番人気のサマーセント。好スタートから外枠にもかかわらず積極的に出て逃げるナルハヤの外に付ける。道中はナルハヤの後ろに付けて3、4コーナーから並びかけて直線はそのまま2頭の追い比べ。粘るナルハヤをゴール前100メートルで突き放すと、インから猛追するセンテュリオを凌いでまだ3勝クラスで重賞初挑戦の制覇。

2着には最重量55キロを背負ったセンテュリオ。前半少し置かれ気味で苦しいかと思ったが、この日5勝と活躍の福永が直線インから追い上げて上がり最速35.3で2着を確保。良血として期待されながらオープン昇格後の昨年のこのレース以来馬券に絡む事が出来なかったが、福永とのコンビで覚醒の可能性がある。

あなたの生活をちょっとお得にするcolleee

レースに関しては以上だが、私はハンディ戦に疑問がある。このレースの1、2着の間には5キロの重量差があった。もし、同じ重量なら1、2着は確実に入れ替わっていたはず。競馬もだがスポーツ、競技は公正に行われるべきである。例えば、陸上短距離で山縣亮太やサニブラウン・ハキームが速いからと、他の選手より重いスパイクを履かされて敗れたら納得出来るだろうか。

競馬とスポーツは違うと言う人もいるだろう。ハンディがあるから馬券的妙味が出てくるし、高配当につながると言うファンもいるだろう。しかし、スポーツ、競技とは強さ、速さを争うものである。そこには公正さが求められているのは言うを俟たない。少しでもハンディ戦が減る事を願っている。

サイト内で馬券も買える!あらゆるデータがあなたのものに!【Deep】

コメント

タイトルとURLをコピーしました