楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』函館スプリントS

梅雨入りしてスッキリしない天気が続いているが、今日明日降る所はあっても土曜日、日曜日は晴れる所が多い予報が出ている。競馬ファンが気になる開催地の予報も土曜日、日曜日は晴れの予報。良馬場でのスピード競馬が見られるかな。

今週は3場で6レースの新馬戦と、東京競馬場では将来のダート界を担う3歳馬によるダート王への登竜門『ユニコーンステークス』と、サマースプリントの開幕戦『函館スプリントステークス』の2重賞が組まれている。その内、『函館スプリントステークス』をチェックしてみる。

サイト内で馬券も買える!あらゆるデータがあなたのものに!【Deep】

● 函館スプリントステークス(GⅢ) 芝1200m

出走馬

アリンナ      牝6 54 丹内

エイティーンガール 牝4 54 坂井

グランドボヌール  牡6 56 城戸

シヴァージ     牡5 56 藤岡佑

ジョーマンデリン  牝4 54 岩田康

スイープセレリタス 牝4 54 丸山

スリーケープマンボ セ5 56 竹之下

ダイアトニック   牡5 58 武豊

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ダイメイフジ    牡6 56 菱田

ティーハーフ    10 57 国分優

フィアーノロマーノ 牡6 57 藤岡康

マリアズハート   牝4 54 大野

ミキノドラマー   牡7 56 勝浦

メイショウショウブ 牝4 54 池添

ライトオンキュー  牡5 56 古川

リュウノユキナ   牡5 56 横山和

小回り函館の1200mの多頭数では軸馬に頭を悩ませられるが、ライトオンキューに注目。デビューからマイル、1400mを使われてきたが、昨年の船橋ステークスで初めての1200m戦を1番人気に応えて快勝。昨年のこのレースは除外になったが、その後オープンクラスで安定した成績を残して、前走京阪杯で念願の初重賞制覇。

末脚の切れが身上だが、ある程度前にも行けるタイプなので小回りコースは向いているはず。このところ連続して古川が騎乗しているのも好感が持てる。ドバイ遠征がとんぼ返りに終わって7ヶ月ぶりになるが、栗東坂路で4F49.4と万全。上位争いは間違いない。

あなたの生活をちょっとお得にするcolleee

続くのはフィアーノロマーノか。マイルで重賞制覇を果たしている実力馬だが、GⅠでは力が足りず1400mに戻って好走。今回が初めてのスプリント戦だが、2週続けて好時計を出して騎乗する藤岡康も満足げ。「スタートさえ出れば、スプリント戦に対応出来るスピードがある」と、自信を示している

1番人気が確実視されるダイアトニック。1200mは前走の高松宮記念が初めてだが直線不利を受けながら3着と好走。このメンバーなら勝って当然だが、470キロ台のこの馬にただ一頭だけの58キロはこたえる気がする。また、乗り慣れた北村友から代わって初騎乗の武豊がJRA重賞15連敗の上、交流重賞でも負け続けている。逃げ馬ならともかく、紛れそうな多頭数のスプリント戦では不安。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

コメント

タイトルとURLをコピーしました