楽しむ競馬回収作戦•『先週の重賞回顧』ユニコーンステークス

イヤー、とにかく日曜日は暑かった。その上、なかなか思い通りにならない馬券に熱くなって、暑いと熱いでゴクゴクとスポーツドリンクを飲む回数が増えるだけ。標題としている『楽しむ競馬回収作戦』とはほど遠い状態。恥ずかしい限りです。

しかし、いくら楽しむ競馬とはいっても的中🎯しては喜び、外した時は切歯扼腕……この喜怒哀楽があるからこそ『楽しむ競馬回収作戦』と思ってもいる。悔しいといって当たり散らしたり馬券を追加購入して深みにはまらない限りは大丈夫大丈夫。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● ユニコーンステークス

1 16 カフェファラオ   レーン 1:34.9

2  1 デュードヴァン   Mデムーロ 5馬身

3  6 ケンシンコウ    酒井 1馬身3/4

4 11 サンダーブリッツ  横山典 1馬身

5 15 キタノオクトバス  田辺 クビ

ややスタートに難があると思われた大外枠のカフェファラオがポーンと好スタートを切リ、逆に5番枠のレッチェバロックが結果的にハナには立つものの、いつものスタートの切れが見られず先頭に立つまでに少し脚を使った時点で勝負ありだった。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

道中は大外から先行5番手外を確保したカフェファラオが、先頭を確かめながら楽に追走して4コーナーをを3番手で回り、直線ですぐにレッチェバロックに並びかける。ゴール300メートル前地点で追い出すと、レッチェバロックに抵抗する余力はなく、全く後続を寄せ付けず5馬身差の快勝。

抵抗出来なかったレッチェバロックは200m手前までは何とか踏ん張っていたが、後は力尽きたように失速して後続に抜かれて9着の惨敗。逆に底力を示したのはデュードヴァン。道中は後方グループで4コーナー外を回って直線に出た時は最後方。そこから目の覚めるような末脚で14頭をごぼう抜き。無観客開催でなかったら場内揺るがすような大歓声を浴びたであろう派手な見せ場十分の2着。

あなたの生活をちょっとお得にするcolleee

コメント

タイトルとURLをコピーしました