楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』プロキオンS

全国どこに線状降水帯が現れるかわからない状況になっている。コロナウィルス感染再拡大で大変な時期に大雨特別警報で避難になったら、二次災害の危険性も高くなる。私のところは幸い川が近くに無いので安心だが、度重なる九州の被害を見ていると心が痛む。

そんな中でも競馬は何事もなかったのように開催されている。今週からは一部のウインズ等が利用可能になる。ただ、レース映像等は流さず馬券を買って帰るだけ。これでは、わざわざ足を運んだファンも寂しいだろう。早く競馬場やウインズ等で馬券を片手に映像を観て騒ぐ日が来る事を祈りたい。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● プロキオンS(GⅢ) ダ1400m

出走馬

エアスピネル    牡7 56 鮫島克

カフジテイク    牡8 56 荻野極

サクセスエナジー  牡6 57 和田

サトノファンタジー 牡7 56 鮫島良

サンライズノヴァ  牡6 59 松若

スマートアヴァロン 牡8 56 西村淳

スマートダンディー 牡6 56 秋山真

ダノンフェイス   牡7 56 川須

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

デュープロセス   牡4 57 斉藤新

トップウィナー   牡4 56 浜中

ブルベアイリーデ  牡4 56 岩田望

ミッキーワイルド  牡5 56 松山

ヤマニンアンプリメ 牝6 56 武豊

ラプタス      セ4 57 幸

レッドルゼル    牡4 56 川田

ワンダーリーデル  牡7 57 藤井勘

あなたの生活をちょっとお得にするcolleee

本命はサクセスエナジー。ダート1400mのスペシャリストと言っても過言ではない。今回で実に20戦目となる1400m。地方での重賞制覇は3回あるが中央ではまだ勝てていない。以前は中央の重賞では荷が重い感じがしたが、今年6歳を迎えてオープンクラス2、1、1着と安定。枠にもよるが逃げ、先行で重賞初制覇に機は熟した。

2番手はレッドルゼル。こちらもダート1400mのスペシャリスト。とにかく安定感抜群。これまで全てダート短距離で5411と馬券対象から外れたのは一度だけ。ほとんど先行だが中団から伸ばす脚もあり展開不問。今週の調教もしまい重点で鋭い動き。ダート界は6歳、7歳の猛者が多いが一気に地図を塗り替える可能性を秘めた期待の4歳馬。

こちらも4歳馬ラプタス。芝で新馬戦から3連敗の後ダートでいきなり4連勝。オープンで敗れた後、地方の重賞2連勝。ここ8戦連続で幸騎手が乗り続けて手の内に入れているのもプラス材料。一気の逃げで中央重賞初制覇へ勢いを見せ付ける。

日本初!自分好みに馬柱がカスタマイズできる!【Deep】

コメント

タイトルとURLをコピーしました