楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』函館2歳ステークス

梅雨時はいつでも鬱陶しいものだが今年の梅雨は特にストレスが溜まる日が続いている。年初から続く新型コロナウィルス感染が再び拡大の様相が強まっているだけでなく、九州を始めとして全国各地に被害をもたらす大雨特別警報が鳴り止まない状況。

それは競馬にも影響をもたらしていて、毎週福島、阪神競馬場は馬場状態が悪化傾向にあり馬券を買う身としては拙い予想の前に、まずは天候と馬場状態の予想に苦戦する有様。それでも、梅雨がない函館競馬場は良馬場でのレースが期待出来るので、青々とした芝コースが見られるだけで一服の清涼感をもたらしてくれている。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● 函館2歳ステークス(GⅢ) 芝1200m

出走馬

カイザーノヴァ   牡2 54 坂井

グレイトミッション 牝2 54 野中

ディープエコロジー 牝2 54 菱田

ニシノエルサ    牝2 54 勝浦

フォドラ      牝2 54 亀田

フォルセティ    牡2 54 大野

ホーキーポーキー  牝2 54 杉原

モンファボリ    牝2 54 武豊

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ラジアントエンティ 牝2 54 阿部龍

ラヴケリー     牝2 54 団野

リキサントライ   牡2 54 池添

リメス       牡2 54 松田

リンゴアメ     牝2 54 丹内

ルーチェドーロ   牡2 54 横山武

レディステディゴー 牡2 54 岩田康

デビュー戦は一桁頭数の少頭数が多く、いきなりの多頭数で枠順によってガラリと変わってきそう。本命にはラヴケリーを推す。デビュー戦は出遅れ気味のスタートから1枠を利用して一気に先頭に立ったスピードは非凡。有力馬に逃げて勝ったスピード馬が多いだけに、逃げ一辺倒でもなさそうなこの馬が面白い存在になりそう。

あなたの生活をちょっとお得にするcolleee

対抗にはルーチェドーロ。初戦がダート1000メートルと条件は違うが、ただならぬスケールの大きさを感じる。楽に逃げて直線に入って騎手が後ろを見る余裕の強さ。ダートからのコース替わりに勝った馬はいないが、もしかしたらとてつもない大物かもという期待感を抱かせる。

一番人気間違いなさそうなモンファボリ。確かに余裕綽々でレコード勝ちのスピードは伊達ではなさそう。ただ、412キロという小さな馬体でレコード勝ちした反動が心配な上、同型馬に逃げられた場合に対応出来るのか。枠順が大きく左右しそうで、楽勝もあり得るが惨敗の可能性も考えられる

日本初!自分好みに馬柱がカスタマイズできる!【Deep】

コメント

タイトルとURLをコピーしました