楽しむ競馬回収作戦•『先週の新馬戦』楽しみな馬も見られるが……

以前は秋競馬か年末にデビューしていた有力2歳馬がGⅠの新設や重賞競走の整備によって始動が早まり、夏競馬から期待の大物が出走する事が珍しくなくなってきた。しかし、今年に限っては話題の新馬の登場が少ないように感じられる。

これまでに勝ち上がった数十頭をみてみると、牝馬は今後の重賞戦線で楽しみな馬もいたが、牡馬は昨年のコントレイルに匹敵する馬はもちろん、今後の活躍が期待出来そうな馬がまだ見あたらない。コロナウイルス感染が影響しているのだろうか……。

日本初!自分好みに馬柱がカスタマイズできる!【Deep】

7月25日 札幌5レース 芝1200m

1  2 フクノラプラーニュ 牡2 横山和 1:11.3

2  5 スマートジュリアン 牝2 武 クビ

3  1 ジオパークマグマ  牡2 柴山 1馬身1/4

7月25日 新潟5レース 芝1600m

1 15 リフレイム     牝2 木幡巧 1:34.8

2 17 ギャリエノワール  牡2 三浦 1/2馬身

3 18 スターリーアイズ  牝2 柴田大 1/2馬身

7月25日 新潟6レース ダ1200m

1  1 ラストリージョ   牝2 柴田大 1:12.3

2  3 サトノアポロン   牡2 三浦 2馬身

3  2 イルデレーヴ    牡2 北村友 3/4馬身

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

7月26日 札幌5レース 芝1800m

1  1 バスラットレオン  牡2 藤岡佑 1:51.3

2  4 モリノカンナチャン 牝2 横山和 2馬身1/2

3  7 ポルトヴェッキオ  牝2 池添 1馬身1/4

7月26日 札幌6レース ダ1700m

1  3 ショウリノカンパイ 牝2 田中勝 1:48.2

2  2 デルマミロク    牝2 亀田温 5馬身

3  4 レガーメダモーレ  牡2 ルメール 1馬身1/4

ダートの6頭立てであんまり注目されないようだが、楽に勝ち上がったショウリノカンパイ。好スタートから先頭に立つが1番人気レガーメダモーレが外からハナを奪い、一時は4、5馬身差をつけて逃げる。徐々に追い掛けて4コーナーで並び、直線入り口で持ったまま突き放すと、後はゴールまで鞭打つ事もなく余裕綽々で5馬身差の圧勝。次戦で注目したい一頭。

7月26日 新潟5レース 芝1800m

1  2 ドゥラヴェルデ   牡2 北村宏 1:49.5

2 12 レッドルーベンス  牡2 M.デムーロ 3馬身

3  8 ゲンパチリベロ   牡2 幸 ハナ

人気は4番手に甘んじたドゥラメンテ産駒のドゥラヴェルテ。スタートは遅れ気味で道中はインの7、8番手。4コーナーを回っても位置は変わらなかったが、直線に入ると北村宏が冷静に外側にリードして真ん中から割って出る。ゴール前200メートル地点で鞍上の鞭に力強く抜け出し、上がり33.1で快勝

7月26日 新潟6レース 芝1400m

1  2 サルビア      牝2 福永 1:22.3

2 10 クレナディアガーズ 牡2 川田 1/2馬身

3  3 ハイパーミラクル  牝2 菅原明 3馬身1/2

いきなりの15頭立ての多頭数のデビュー戦となったサルビア。スタートは速くなかったがインからスルスルと馬順を上げて4、5番手の好位置を確保。直線に入ってすぐ逃げ馬の外2番手。ゴール前200メートル地点で先頭に立つと追ってきた1番人気クレナディアガーズとの叩き合い。外側から並び掛けられながら最後まで抜かせる事なく快勝。福永の4コーナーからの手綱さばきと、この馬のセンスの良さが光った。

あなたの生活をちょっとお得にするcolleee

コメント

タイトルとURLをコピーしました