楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』エルムステークス

いよいよ夏到来。コロナウイルス禍とはいえ、子供達を連れて海水浴に楽しむ人もいるみたいだが、コロナウイルス対策で海水浴場を閉鎖している所が多いみたい。そこで、海が駄目なら川という事で渓流が人気になっている。でも、慣れないだけに海以上に危険が潜んでいるので水難事故が心配。

今週末から9連休の人も多いようだが、地方にコロナウイルスを持ち込む可能性もあって帰省も出来ない状況。レジャーも帰省も駄目なら大型連休どうすりゃいいのと、ひと言愚痴りたくなるのも分かる気がする。結局、今週末も競馬やるしかないか……。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● エルムステークス(GⅢ) ダ1700m

出走馬

アディラート    牡6 56 吉田隼

アナザートゥルース セ6 58 大野

アルクトス     牡5 56 田辺

ウェスタールンド  セ8 57 藤岡佑

エアスピネル    牡7 56 武

サトノティターン  牡7 56 藤岡康

タイムフライヤー  牡5 56 ルメール

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ハイランドピーク  牡6 56 横山和

バスカヴィル    牡6 56 浜中

ヒラボクラターシュ 牡5 56 横山武

リアンヴェリテ   牡6 56 国分恭

ロードゴラッソ   牡5 57 池添

ワイルドカード   牡6 56 北村宏

ワンダーリーデル  牡7 57 横山典

本命はアナザートゥルース。昨年の1月に1600万下を勝ち上がってオープン入りして以来、地方競馬開催も含めて全て重賞に出走して9戦2勝2着2回3着2回。掲示板を外したのは昨年のみやこステークスの6着のみという堅実さ。

好位に付けて確実に争覇圏内に割って入っている。前走もただ一頭58キロを背負いながら好位から粘って力を見せている。「暑さを避けてきっちりやって仕上がりは悪くない」という高木師。全22戦中19回騎乗している大野を背に中央重賞2勝目に狂いはない。

あなたの生活をちょっとお得にするcolleee

2番手はエアスピネル。デビューから芝で期待されてきた良血馬だが前走初ダートのプロキオンステークスでいきなり2着。しかも一年ぶりでの実戦だっただけに価値がある。勝ったサンライズノヴァには伸び負けしたが、一度叩かれた上にダート2戦目なら今度は抜け出しまであり得る。

更に続くのはハイランドピーク。スタートが良く常に先行集団でレースが出来る安定性がある。ダートは芝ほどにはコースの相性は気にする必要はないが、札幌はこのエルムステークスに2回出走して1着、2着。「1週前追い切りで楽に好時計。得意のコースなので楽しみ」と助手。乗り慣れた横山和で一発あるか。

運動後のジョイントメンテ&リカバリーケアドリンク【ランショット】

タイトルとURLをコピーしました