楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』新潟2歳ステークス

8月の終わりどころか、9月になっても猛暑日の予報が出ている今年の異常な夏。街を歩いてもマスクしている人がやはり多いが、中には我関せずとマスク無しの人も見られる。私はマスク派だが、だからといって付けていない人を批判するつもりはない。例えば、公共施設、病院、飲食店などに入る時にマスク着用を義務付けられている場合は必ずすべきだが、公道で付けない人を見ても注意するつもりもない。

中央競馬関係者には頭が下がる思いだ。トレセン等でもマスク着用はもちろん、手洗い等の感染予防対策がしっかり取られているのだろうが、調教師、騎手、厩務員の方達の努力によってこのコロナウイルス禍の中でも競馬が楽しめる。今は無観客だから野次はないが、ネットの掲示板には負けた騎手への罵詈雑言が後を絶たない。彼らのおかけで競馬が続けられている事を考えて欲しい。

サイト内で馬券も買える!あらゆるデータがあなたのものに!【Deep】

● 新潟2歳ステークス(GⅢ) 芝1600m

出走表

 1 シュヴァリエローズ 牡2 54 Mデムーロ

 2 ジュラメント    牝2 54 藤田

 3 ロードマックス   牡2 54 岩田望

 4 ファルヴォーレ   牡2 54 岩田康

 5 フラーズダルム   牝2 54 福永

 6 セイウンダイモス  牡2 54 内田

 7 ハヴァス      牡2 54 丸山

 8 タイガーリリー   牝2 54 三浦

 9 ブルーシンフォニー 牡2 54 田辺

10 ブルーバード    牝2 54 柴田大

11 ショックアクション 牡2 54 戸崎

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

本命は新馬戦圧勝のブラーズダルム。楽に2番手に付けて逃げ馬を見ながらレースを進め、直線で先頭。そのまま後続との差を広げて4馬身差でゴール。稍重の馬場も気にしないでレースセンス抜群。良馬場でどこまで伸びるか楽しみ。

今週の追い切りも反応良く、乗った助手は「時計は遅かったけど、しまいを伸ばす感じで……。動きはいい」。2歳戦ダントツトップで一週前追い切りに騎乗の福永も、「馬自体はしっかりしてきたし、いい動きだった」と、2週連続重賞勝利を目指す。

こちらも2戦目の未勝利ながら、やはり福永で4馬身快勝のショックアクション。フルゲート18頭立ての17番枠からジリジリ上がって行って、2着に入ったアラモードバイオと一緒に直線で先行馬を交わすと、そのまま独走の楽勝。中間の動きも良く、フラーズダルムに食らい付けるか。

人気になりそうなシュヴァリエローズ。新馬戦は人気馬同士の一騎討ちになり、一旦並ばれたが最後まで抜かせない勝負根性を見せた。「調教内容は良かった。心肺機能も良く、惚れ惚れするようなキャンター」という清水久師。追い比べになったら前走の経験が生きそう。

タイトルとURLをコピーしました