楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』セントライト記念

今週は4連休中に3日間開催。競馬ファンにとっては最高の連休になりました。そして、3歳馬の最後のGⅠ戦線に向けたトライアルレースがスタート。牝馬三冠を狙うデアリングタクトは秋華賞直行だが、牡馬の無敗三冠を狙うコントレイルは来週の神戸新聞杯に登場。

ただ、今のところは3歳世代が古馬相手の重賞戦で苦戦。今年の3歳世代はレベルが低いのでは……という声が上がっている。しかし、コントレイルやデアリングタクトが弱いとは思えない。その牡牝の2冠馬はもちろん、戦ってきた馬達がこれから切磋琢磨して強さを証明して欲しい。

サイト内で馬券も買える!あらゆるデータがあなたのものに!【Deep】

● セントライト記念(GⅡ) 芝2200m

出走予定馬

ガロアクリーク   牡3 56 川田

ココロノトウダイ  牡3 56 丸山

サトノフラッグ   牡3 56 戸崎

サペラヴィ     牡3 56 石橋

ダノンファスト   牡3 56 横山典

バビット      牡3 56 内田

ピースディオン   牡3 56 田辺

フィリオアレグロ  牡3 56 Mデムーロ

マイネルソラス   牡3 56 丹内

ラインハイト    牡3 56 北村友

リスペクト     牡3 56 ルメール

ヴァルコス     牡3 56 三浦

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

帯に短したすきに長しのメンバーで、夏場の急成長がなければ三冠を狙うコントレイルの敵にはなり得ない気もするが、最右翼はサトノフラッグとみる。未勝利、1勝クラス、弥生賞ディープインパクト記念と3連勝して皐月賞ではサリオスを押さえてコントレイルに次ぐ2番人気に支持された馬。

結局、クラシック戦線では惨敗に終わったが、最終追い切り5F66秒-37秒3-12秒2。「先週より良くなっている」「十分に仕上がっている」と陣営からは強気の声。中山コースは重賞も含めて2勝。思った程終いの脚を使えなかったという皐月賞でも5着には入線。得意の中山で復活して再びコントレイルに挑戦状を叩き付ける。

2番手には初めての重賞挑戦の前走ラジオNIKKEI賞で逃げ圧勝のバビット。小回りの福島で逃げて3連勝。全5戦中2戦目の未勝利戦で2番手からの競馬になったが、それ以外は全てハナを奪っている快速馬。メンバー的にもこの馬を押しのけて行く馬は見当たらず、自分のリズムで運べれば再び圧勝もあり得る

春のクラシック戦線には間に合わなかったが、新馬戦快勝から重賞で連続3着と底を見せていないフィリオアレグロ。17日の美浦Wでの追い切りでGⅠ馬サリオスを相手に2馬身先行して、最後までその差を保って抜かせなかった。「休み明けとしては仕上がった。能力は高いしいきなり通用しても」と、底力に期待する陣営。

あなたの生活をちょっとお得にするcolleee

タイトルとURLをコピーしました