楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』シリウスステークス

先週コントレイルが圧巻の強さで無敗三冠疑いようのない強さをみせて、秋競馬の楽しみが更に増えた。そして今週はいよいよ後半GⅠの第1戦『スプリンターズステークス』が始まる。正に『競馬の秋』到来という感じ。

そんな時、気になるニュースが入ってきた。10月10日からの東京、京都、新潟競馬場の開催から指定席のみの入場を開始するという。東京1047席、京都778席、新潟621席という。今更これだけの人数の入場が必要だろうか。せっかくの開催継続に赤信号が点らなければ良いのだが……。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● シリウスステークス(GⅢ) ダ1900m

出走予定馬

アルドーレ     牡5 56 横山典

エイコーン     牡5 55 高倉

エムオーグリッタ  牡6 54 団野

カフェファラオ   牡3 54 ルメール

キメラヴェリテ   牡3 53 松若

グレートタイム   牡5 55 福永

サクラアリュール  牡5 54 藤岡康

サンデーウィザード 牡8 56 秋山真

ダイシンインディー 牡4 54 吉田隼

ダイメイコリーダ  牡3 54 松山

ダノンスプレンダー 牡4 55 川田

テーオーヘリオス  牡8 56 荻野琢

ナムラアラシ    牡7 56 幸

ミツバ       牡8 58 岩田望

メイショウワザシ  牡5 56 浜中

ランスオブプラーナ 牡4 55 太宰

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

本命はグレートタイム。デビュー当時から期待されて3歳時にはジャパンダートダービーやユニコーンステークスなどの重賞戦線で活躍。その後、3勝クラスで足踏みしたが6月に快勝して再びオープン入り。得意の左回りの上に中京コースなら鋭い末脚で勝ち負け。スタートは良くないが巧者福永なら心配あるまい。加えて55キロなら勝負どころ。

対抗にはダノンスプレンダー。こちらも7月に3勝クラスを卒業したばかりだが、とにかく堅実。これまで8戦4勝2着2回3着2回と全て争覇圏内。このところ2戦連続昇級勝ちと充実一途。ハンディ55キロならいつも通りの先行抜け出しがあってもおかしくない。

一番人気になりそうなカフェファラオ。新馬戦10馬身差の圧勝からヒヤシンスステークス、ユニコーンステークスと無傷の3連勝。断然の1番人気に推されたジャパンダートダービーでまさかの7着。3番手に付けながらの惨敗に納得いかない。ハンディ54キロは有利に見えるが陣営も手探り状態で評価を下げた。

あなたの生活をちょっとお得にするcolleee

タイトルとURLをコピーしました