楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』京都大賞典

先週は秋らしい爽やかな天候の下で土日共に良馬場での 競馬が観られた。ただ、最終週だったので芝はインコースは馬場が荒れていて外からしか伸びなかったのは興醒めだった。競馬は周回コースだからインコースから荒れていくのは仕方ないんだけれど、どうにかならないものだろうか……。

今週からは東京、京都、新潟競馬場での開催に替わるのでスピード競馬が観られると楽しみにしていたが、台風の影響で大雨になりそうだ。これからの数週間は台風の季節とも言えるので毎週毎週週末の天気が気になる。しかも、何故か台風は平日より週末の方が圧倒的に近づく事が多い気がするのは私だけだろうか……。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● 京都大賞典(GⅡ) 芝2400m

出走予定馬

アイスバブル    牡5 56 幸

アルバート     牡9 56 岩田康

カセドラルベル   牝4 54 松山

キセキ       牡6 57 浜中

キングオブコージ  牡4 57 横山典

グローリーヴェイズ 牡5 58 川田

シルヴァンシャー  牡5 56 北村友

ステイフーリッシュ 牡5 56 藤岡佑

タイセイトレイル  牡5 56 川須

ダンビュライト   セ6 56 松若

ドゥオーモ     牡7 56 藤岡康

ノーブルマーズ   牡7 56 高倉

バイオスパーク   牡5 56 和田竜

パフォーマプロミス 牡8 56 福永

ミスマンマミーア  牝5 54 池添

モンドインテロ   牡8 57 嶋田

リッジマン     牡7 56 古川

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

本命は約13ヶ月ぶりの鳴尾記念を接戦ながらも制したパフォーマプロミス。もともと、牡馬にしては小柄な馬で450キロ台でのレースが多く、長期休み明けの上にプラス14キロの馬体で昨年のオークス馬ラヴズオンリーユーに競り勝ったのはこの馬の能力の証し。さすがに8歳でGⅠ戦線では苦しいだろうが、このメンバーで56キロの斤量ならチャンスはある。良馬場で内枠なら名手福永とのコンビで重賞連覇が見えてくる。

実績ではこの距離なら一番のグローリーヴェイズ。今年はツキが無いような感じでドバイ遠征が中止でとんぼ返り。変則的な臨戦になった宝塚記念はレース直前の雨と出遅れで惨敗。しかし、その後の休養からの仕上げは良い反応で、良い状態でレースに臨めると陣営は自信たっぷり。58キロが鍵だが初騎乗の川田が恥ずかしいレースはしないはず。

三番手にはステイフーリッシュを推す。5歳で21戦してまだ2勝馬だが、新馬戦以降の20戦は全て重賞競走で、強敵とつばぜり合いを演じてきた実力馬。前走4ヶ月ぶりを使われて中一週になるが、陣営は織り込み済み。同世代のグローリーヴェイズの58キロに対して56キロ。開幕週の馬場でこの馬の先行力が活きそう。

あなたの生活をちょっとお得にするcolleee

タイトルとURLをコピーしました