楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』富士ステークス

先週はデアリングタクトが予想通りに史上初の牝馬三冠を達成して強さを見せ付けた。決して派手な勝ち方ではなく上がりも最速ではなかったが、勝つべくして勝ったという強さは十分伝わるレース内容だった。しかも、終わってみれば2着から6着までが9番人気以下という波乱の中で、キッチリ勝てた事に尚更この馬の強さを再認識させられた気がする。

そして、今週は真打ち登場。やはり無敗の三冠馬を狙うコントレイル。デアリングタクトはぶっつけ本番だっただけに幾らか不安もあったが、コントレイルは前哨戦の神戸新聞杯で余裕綽々で快勝しただけに、正に無敵状態でライバル陣営からは諦めモードの声も聞かれる。ここ数週間続いた週末の雨も、木曜日、金曜日こそ続くが週末は快晴の予報。私的には100%コントレイルが勝つと断言出来る。

膨大なデータも自分でカスタマイズ馬柱できる【Deep】

● 富士ステークス(GⅡ) 芝1600m

出走予定馬

ケイアイノーテック 牡5 57 津村

サトノアーサー   牡6 56 戸崎

シーズンズギフト  牝3 52 横山典

スマイルカナ    牝3 52 柴田大

タイセイビジョン  牡3 54 石橋

ブラックバゴ    牡8 56 笹川翼

ペルシアンナイト  牡6 57 大野

モズダティー    牡5 56 内田

ラウダシオン    牡3 56 デムーロ

レイエンダ     牡5 56 池添

ワーケア      牡3 54 ルメール

ヴァンドギャルド  牡4 56 福永

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

本命はヴァンドギャルド。新馬の時から期待されていた逸材も3歳のクラシック戦線には乗り遅れ、台頭してきたのは昨年の秋。福永騎乗で1勝クラスから連勝。その勢いで3勝クラスも岩田望で快勝して一気にオープン入り。今回と同条件の東京新聞杯では出遅れが響いて好走には至らなかったが、道中はいい脚を見せていた。今回は三度福永に手が戻るが、出遅れさえなければこのメンバーでは首位争い。スタート随一の福永が出遅れを克服して切れ味良い末脚を見せ付ける。

2番手はタイセイビジョン。NHKマイルカップを制したラウダシオンの56キロに対して2キロ軽い54キロは恵まれた。もともと、NHKマイルカップでは勝ち馬より評価されていた馬。3角での不利があって内側から伸び切れなかったが、まともなら末脚で引けはとらない。最終追い切りは栗東坂路4F54秒1ー38秒6ー25秒4ー13秒0と終いはかかったが、動きはまずまず。マイル王目指して勝ち上がるか。

56キロは気になるが3歳のマイル王を外す訳にはいかない。これまで7戦4勝2着1回3着1回と安定感抜群。この馬の強味はある程度前に行ける点と、重い馬場でも結果を出しているところ。更に、今年の3戦は全て左回りで結果を出して、東京コースは2戦2勝とパーフェクト。タイセイビジョンより2キロ重い斤量は不利だがすんなり先行すれば簡単には抜かせない。

あなたの生活をちょっとお得にするcolleee

タイトルとURLをコピーしました