楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』菊花賞

今月から始まった指定席のみの入場者数が更に増えた。最初の週はテレビも久しぶりの入場者という事でズームアップしていたので、顔が分かるくらいの映像が流れていた。ま、今時ギャンブル場に通って文句言われる筋合いのものでもないだろうが、全国に競馬場で馬券に熱中している姿が流れるのはちょっと……と思う人は少なくないと思う。

それでも、今週はコントレイルの三冠達成をこの目で確かめたいという想いはあるが……、残念ながら京都まで行く時間はありません。学生時代は馬券よりもレースを楽しむのが目的で一万円あれば通っていたけど、コロナ云々以前に最近競馬場に行かなくなってしまった。今は部屋で一日中鮮明な映像が観られるのでわざわざ行く必要はないが、あの地鳴りのような歓声が懐かしい気もする。

膨大なデータも自分でカスタマイズ馬柱できる【Deep】

● 菊花賞(GⅠ) 芝3000m

出走表

 1 ディアマンミノル  牡3 57 幸 

 2 ガロアクリーク   牡3 57 川田

 3 コントレイル    牡3 57 福永

 4 マンオブスピリット 牡3 57 デムーロ

 5 サトノインプレッサ 牡3 57 坂井  

 6 ヴェルトライゼンデ 牡3 57 池添

 7 ダノングロワール  牡3 57 北村友

 8 ディープボンド   牡3 57 和田竜

 9 アリストテレス   牡3 57 ルメール

10 サトノフラッグ   牡3 57 戸崎

11 バビット      牡3 57 内田

12 レクセランス    牡3 57 松山

13 ロバートソンキー  牡3 57 伊藤

14 ヴァルコス     牡3 57 三浦

15 ブラックホール   牡3 57 藤岡佑

16 ターキッシュパレス 牡3 57 富田

17 キメラヴェリテ   牡3 57 松若

18 ビターエンダー   牡3 57 津村 

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

本命は何も考える必要コントレイル。競馬に絶対はないと言うが、この馬が同世代との対決で負ける事は考えづらく、競馬に絶対がある事を証明してくれるはず。父ディープインパクトの末脚程の強さがないという声も聞こえてくる。映像を観た印象ではディープインパクトの場合は後方一気しか出来ないが、コントレイルはどんな展開でも勝てる『現代競馬の申し子』。

もう、同世代との勝負付けは済んだも同然のコントレイルにとって怖いのはアクシデントだけといっても良いだろう。前走の神戸新聞杯で負担が少なく勝てたので、状態面でも申し分ない。「前走がダメージの少ない競馬だった事が大きい。落ち着きがある」と矢作師が言えば、「今のところ緊張もしていない。順調に行ってくれたらそれでいい」と福永。二人に負けるという言葉は無いようだ。

betting of horse racing in japan

対抗にはバビットを推す。コントレイルと既に勝負付けが済んでいる実績馬と違って、逃げ、先行で4連勝と底を見せていないこの馬だけは、コントレイルに道中不利が生じた場合にチャンスがあるかもしれない。状態も最終追い切り栗東坂路4F55秒7ー40秒6ー13秒0を馬なりでマーク。「いつもの動き。終いの反応よくいい状態」という浜田師。4連勝の勢いで大金星を狙う。

コントレイルに次ぐ実績を誇るヴェルトライゼンデ。4連敗と全く歯が立たない状況だが2着、8着、3着、2着と敵わないまでも善戦はしている。距離延長にも不安は無いようで、コントレイルが追わなかったとはいえ前走の上がりは上回っている。「使われての上積みがあり、状態が上がっている」と池添。万が一コントレイルに距離の壁があった場合、大逆転があるかもしれない。

あなたの生活をちょっとお得にするcolleee

 

 

タイトルとURLをコピーしました