楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』阪神大賞典&スプリングS

3日間開催の最終日曜日は天皇賞を狙うステイヤー達が競う『阪神大賞典』と、クラシック第一戦皐月賞のトライアルレース『スプリングS』という楽しみなレース。

来週の高松宮記念を皮切りに俊英達が競う春のGⅠロードが幕を開ける。今週も続く無観客開催を感じさせないような熱いレースを期待して、日曜日に行われる2重賞をチェックしてみる。 

● 阪神大賞典(GⅡ) 芝3000m

出走馬

キセキ       牡6 57 川田

タイセイトレイル  牡5 56 福永 

トーセンカンビーナ 牡4 55 藤岡康

ドレッドノータス  騸7 57 坂井

ボスジラ      牡4 55 武豊

ムイトオブリガード 牡6 57 藤岡佑 

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

メイショウテンゲン 牡4 55 松山

メロディーレーン  牝4 53 岩田望

ユーキャンスマイル 牡5 56 岩田康

レノヴァール    牡5 56 幸

確固とした逃げ馬がいない中、枠順次第ではキセキが逃げるのか。この中では実績では一枚上だが、3000mは菊花賞で勝って以来。距離的には最も適正があると思われるユーキャンスマイルは調教過程がイマイチ。

面白いのはメイショウテンゲン。菊花賞こそ惨敗に終わったが、その後のステイヤーズS、ダイヤモンドSと好走。特に、前走のダイヤモンドSは出遅れて後方からの競馬になったが、直線外から最速の脚で追い上げ、勝ち馬にハナ差の惜敗。距離適正は示しており、55キロと今年重賞実績抜群の松山なら勝負だろう。

2番手はタイセイトレイル。長距離での安定感は抜群で差しても前でも競馬が出来るのが利点。枠順にもよるがスタートの良い福永が先手を取れば面白い。

人気の両頭の中ではキセキを買う。菊花賞馬ではあるが適距離は2000mから2400mだと思う。それに、昨年の海外遠征がこの馬にとってプラスになったとは思えないので、今回は3番手まで。

日本初!自分好みに馬柱がカスタマイズできる!【Deep】

● スプリングS(GⅡ) 芝1800m

出走馬

アオイクレアトール 牡3 56 田辺

エン        牡3 54 柴田大

ガミラスジャクソン 牡3 56 鴨宮

ガロアクリーク   牡3 56 ヒューイット

ココロノトウダイ  牡3 56 丸山

サクセッション   牡3 56 三浦

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

シルバーエース   牡3 56 横山典

ファルコニア    牡3 56 Mデムーロ 

ラグビーボーイ   牡3 56 北村宏

ヴェルトライゼンデ 牡3 56 池添

一番人気は間違いないヴェルトライゼンデ。ホープフルステークスは見所のある2着だったが、勝ったコントレイルは余裕綽々だっただけに今回は勝ち方が求められている。初騎乗の池添が思い切った乗り方で強さを見せ付けられるかに注目。仕上がりは八分と見たが、この状態でも取りこぼすようでは打倒コントレイルは望みはない。

見てみたいのはサクセッション。これまで全てマイルで使われてきたが、ディリー杯2才ステークス以外は負けていない。特に、前走のジュニアカップは秀逸で中山適正も随一。1ハロン伸びた距離で問題なければヴェルトライゼンデに迫る可能性もある。 

あとはファルコニア。未勝利戦に3戦要したが先行力が魅力。前走はスタートでアオって最後方からの競馬になったが短い小倉の直線で差し切って自在性も見せた。好スタートから本来の先行力を活かす競馬になれば押し切る可能性も。堅い決着になりそうな気がする。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

コメント

タイトルとURLをコピーしました