楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』毎日杯&日経賞

コロナウイルス感染が収まりそうにない。東京オリンピックが1年くらい延長。東京都内の感染者数が急激に増加してロックダウンも現実味を帯びてきた。

そんな中、競馬が毎週開催されて馬券を買えるなんて奇跡に近い事とも言える。今週の高松宮記念も無観客開催でGⅠの無観客開催は初めてというニュースが流れてきたが、開催される事自体が奇跡なのだから贅沢は言えない。

今週は高松宮記念をはじめ土日4重賞が組まれているが、今回は土曜日の『毎日杯』『日経賞』の2レースをチェックしてみる。

● 毎日杯(GⅢ) 芝1800m

出走馬

アーニングフェイム 牝3 54 松山  

アーヴィンド    牡3 56 国分恭

アルジャンナ    牡3 56 ヒューイットソン

サトノインプレッサ 牡3 56 武豊

ストーンリッジ   牡3 56 岩田望

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ダノンアレー    牡3 56 福永

テイエムフローラ  牝3 54 和田

トウケイタンホイザ 牡3 56 北村宏

メイショウダジン  牡3 56 幸

メイショウラツワン 牡3 56 浜中

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

クラシック戦線最後の切符をかけて争われる毎日杯。3歳春の1800mという条件はディープインパクト産駒の独壇場と言っても過言ではない。今年も上位人気に支持されそうな馬はディープインパクト産駒が占めている。しかし、驚いた事に今年の3歳重賞は全て1番人気が散っている。

クラシックの本命と言われるコントレイルや、そのライバルと目されるサリオスが皐月賞に直行という事もあるが、例年のように前哨戦を人気通りに勝って本番に向かう馬が見当たらないのは異常事態とも言える。

しかし、このレースに限っては荒れそうもないか。1番手はサトノインプレッサ。こぶし賞では出遅れて最後方。直線に入って抜け出しを図る1番人気ギルデッドミラーを交わして快勝。重馬場で1頭だけ次元の違う脚で2連勝。2戦共手綱を取った川島から武豊に替わるのは懸念材料だが、末脚は確か。

前走のきさらぎ賞でまさかの3着に終わったアルジャンナ。川田の位置取りのせいで先着馬には届かなかったが、乗り替わりのヒューイットソンが自慢の末脚を引き出せればあっさり勝つ可能性もある。

その他に、きさらぎ賞でアルジャンナに先着したストーンリッジもいるが、金曜日まで天気が崩れる予報が出ていて、重くなった馬場ならダノンアレーの先行力に注意。ダートを新馬勝ち。近走の2戦も渋った馬場で好走。スタート随一の福永の手綱さばきに注目。

● 日経賞(GⅡ) 芝2500m

出走馬

アイスバブル    牡5 56 津村

ウインイクシード  牡6 56 横山武

エタリオウ     牡5 56 岩田康

ガンコ       牡7 56 松田

サトノクリニクル  牡6 56 大野

サンアップルトン  牡4 55 柴田善

スティッフェリオ  牡6 57 田辺

ソウルスターリング 牝6 54 丸山

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ポンデザール    牝5 54 石橋脩

マイネルカレッツア 牡8 56 丹内

ミッキースワロー  牡6 56 横山典

モズベッロ     牡4 56 池添

ヤマカツライデン  牡8 56 勝浦

レッドレオン    牡5 56 藤岡佑

日本初!自分好みに馬柱がカスタマイズできる!【Deep】

実績断然のミッキースワローがいるが鞍上がピリッとしない横山典だけに一波乱ありそう。モズベッロの可能性に期待。前走の日経新春杯は3勝クラスながら強気の参戦。ハンデ52キロと恵まれてはいたが出遅れ気味から先団に飛び付いて、4コーナーから外目を回って34.5の上がり最速で2馬身半差の快勝。ここも自信の連勝。 

強敵相手のGⅠでは通じなかったが先行力のあるスティッフェリオ。中山でこのメンバーなら前残り可能。

魅力を感じるのはレッドレオン。前走はモズベッロにしてやられたが、自在性のあるレース運びと積極的なレースに定評のある藤岡佑ならマッチングしそう。日経新春杯では2キロ差があったが56キロ同士ならモズベッロに雪辱を果たせるか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました