楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』アーリントンカップ他

いよいよ皐月賞ウィーク。コロナウイルス感染拡大の中、今週も無事に競馬が行われてクラシックを楽しめる事を素直に喜びたい。

今回は土曜日の3歳マイルのGⅠ『NHKマイルカップ』に向けた大事な一戦、アーリントンカップ、日曜日の『アンタレスステークス』の阪神競馬場の2重賞をチェックしてみる。

なお、今週から騎手の土曜日、日曜日間の移動が禁止されて、皐月賞に騎乗する騎手は土曜日も中山競馬場での騎乗になっている。そのせいで中山、阪神共に主戦騎手からの乗り替わりが多く、馬券検討の際の重要なファクターになりそう。

サンスポZBAT!競馬から新サービス登場!【Deep】

● アーリントンカップ(GⅢ) 芝1600m

出走馬

ギルデッドミラー  牝3 54 岩田望

グランレイ     牡3 56 太宰

ジュンライトボルト 牡3 56 藤井勘

タイセイビション  牡3 56 石橋脩

チュウワノキセキ  牡3 56 浜中

デュードヴァン   牡3 56 三浦

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

トリプルエース   牡3 56 川田

ノルカソルカ    牡3 56 幸

プリンスリターン  牡3 56 原田和

ボンオムトゥック  牝3 54 藤岡佑

ロードベイリーフ  牡3 56 坂井

実績最上位のタイセイビションの優位は動かないか。新馬戦を楽勝した後、全て重賞参戦で2着以内を確保。京王杯2歳ステークスでは中団からただ1頭の上がり33秒台で楽に差し切り。

前走の朝日杯フューチュリティステークスでは、初めての1600mに挑み、マイル路線最強と目されたサリオスには及ばなかったが2着を死守。このメンバーでは負けられない。

2番手にはプリンスリターンを指名。タイセイビションと同様に朝日杯フューチュリティステークスにチャレンジ。15番人気を覆すように直線外からジワジワ伸びて5着入線。前走のシンザン記念では2番手からの積極策でクビ差2着と、朝日杯フューチュリティステークスがフロックでない事を示した。

後はギルデッドミラー。前走の1勝クラスで中団に控えて直線で外に持ち出すと楽に抜け出す快勝。福永から初騎乗の岩田望に替わるが、その辺がどう出るか

● アンタレスステークス(GⅢ) ダ1800m

出走予定馬

アナザートゥルース セ6 58 大野

アングライフェン  牡8 56 藤井勘

ウェスタールンド  セ8 56 藤岡佑

エイコーン     牡5 56 高倉

クリンチャー    牡6 57 石橋脩

コマビショウ    牡5 56 松若

サトノプライム   牡6 56 古川

ナムラアラシ    牡7 56 坂井

ノーブルサターン  牡6 56 ○○

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ベストタッチダウン 牡4 56 川田

メイショウスミトモ 牡9 57 小牧

メイショウワザシ  牡5 56 秋山真

モズアトラクション 牡6 57 幸

リアンヴェリテ   牡6 56 岩田望

リワードアンヴァル 牡4 56 三浦

ルールソヴァール  セ8 56 松田

ロードゴラッソ   牡5 57 浜中

ワイルドカード   牡6 56 北村宏

ダート転向後2戦連続して惜敗続きのクリンチャーのチャンス。芝では先行のレースも目立ったのにダートでは後方からのレースで最速の上がりで追い込んで惜敗。もう少し前で運べればアッサリ勝ち上がれそう。2週連続重賞勝利の石橋脩の手綱でダート初勝利を上げる。

有力馬に差しタイプが揃っているだけに逃げが持ち味のメイショウワザシが面白い。逃げ、先行のレースでは2018年12月以降全く掲示板を外していない安定感が売り。有力馬が牽制し合うようなら逃げ切りまで狙える。

古豪が犇めくダート界に風穴を開ける可能性があるのが4歳のベストタッチダウン。ダートに転向して5戦全て馬券内。特に逃げの手に出たここ3戦は全て楽勝の逃げ切り。初めての重賞と同型との折り合いが鍵になるが、一気にダート界の勢力を変える事が出来るか。

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメント

タイトルとURLをコピーしました