楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』京都新聞杯

ダービーまで4週間を切って、出走権争いも佳境を迎えて今週は重賞としては最後になる京都新聞杯が行われる。別名『東上最終便』とも言われるように、特に栗東所属の馬にとっては正にラストチャンス。

常識的には中2週でダービーを迎えるので苦しい日程になるが、昨年はこのレース2着のロジャーバローズが見事にダービー馬になっている他、キズナ、サトノラーゼン等の好走例もあるので目が離せないレース。さて、今年はコントレイル、サリオスを脅かす馬が現れるのか……。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● 京都新聞杯(GⅡ) 芝 2200m

出走予定馬

アドマイヤビルゴ  牡3 56 藤岡康

アンセッドヴァウ  牡3 56 藤岡佑

イロゴトシ     牡3 56 小崎

キッズアガチャー  牡3 56 高倉

キングオブドラゴン 牡3 56 坂井

サペラヴィ     牡3 56 秋山真

シルヴェリオ    牡3 56 西村淳

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ディープボンド   牡3 56 和田

ファルコニア    牡3 56 川田

プレシオーソ    牡3 56 北村宏

ホウオウエクレール 牡3 56 川須

マンオブスピリット 牡3 56 北村友

メイショウサンガ  牡3 56 松山

メイショウダジン  牡3 56 幸

このメンバーならアドマイヤビルゴで負けられないところ。スタートが良く、新馬戦も若葉ステークスも2、3番手から抜け出す安定感のあるレース内容で連勝。多頭数の外枠になった時にどうかだが、切れる脚もあるので余程のことがない限り勝ち負けにはなるだろう。

勝つのは当然として、問題はそのレース内容。如何にも優等生らしい勝ち方だが、コントレイルやサリオスのような凄味が感じられない。圧倒的パフォーマンスで両雄に挑戦状を叩き付ける事が出来るか否か。

続くのはマンオブスピリットか。新馬戦こそサトノインプレッサ以下に後れを取ったが、その後の2連勝は他を圧する最速の上がりで弾けた。重い馬場を気にしないのも心強い。

面白いのはプレシオーソ。新馬戦からダートで連勝。その勝ちっぷりも楽に前に付けて、逃げても良いし先行から抜け出しも出来る。初めての芝でスピードに乗れるか気掛かりもあるが、逃げればひょっとしたら番狂わせがあるかもしれない。

サイト内で馬券も買える!あらゆるデータがあなたのものに!【Deep】

コメント

タイトルとURLをコピーしました