楽しむ競馬回収作戦•『先週の重賞回顧』土曜日京都牝馬S他

先週はGⅠフェブラリーSをはじめとして、土日4重賞という豪華版でした。皆さんの成績はどうだったかな?私は2月に入って全く奮わずサッパリでした。

この重賞を土曜日、日曜日分に分けて回顧してみる。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● 京都牝馬ステークス

1番人気に推されたサウンドキアラ。大外から好スタートを決めると先行、中団と位置を下げながら終始外目を回る苦しい展開。しかし、直線に入ると外側の伸びる馬場状態も味方にして、鋭い反応で楽に抜け出す快勝。地力が一枚上という印象。今後、牝馬のGⅠや牡牝混合のマイル戦線の活躍が楽しみ。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

2着以下の上位には人気薄が絡んだが、2着のプールヴィルはスタートを決めて終始2、3番手の好位置。直線で一旦抜け出す岩田康の好騎乗。最後はサウンドキアラの決め手に屈したが、希望の持てるレース内容。

惜しかったのはビーチサンバ。最近得意のスタートに乱れが見られる福永で後方から。直線馬群を縫って最速タイの上がりで伸びてきたが5着。しかし、この馬はマイル前後の距離が合っていると思うので、このくらいの距離で続けてもらいたい。

日本初!自分好みに馬柱がカスタマイズできる!【Deep】

● ダイヤモンドステークス

16頭立ての最低人気が勝ち上がる波乱のレース。大外枠から好スタートを決めた後、中団の外目に控えたミライヘノツバサ。徐々に中に入れて直線内目から抜け出す。一旦、外から伸びてきたメイショウテンゲンに交わされかけたが差し返し、波乱の主役に。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

惜しかったのは道中後方待機から直線外目を上がり最速で伸びてきたメイショウテンゲン。並んで捕らえていただけにミライヘノツバサの勝負根性に屈した形だが、長距離では確実に伸びてくる末脚は魅力で、今後も活躍が期待出来そう。

対照的にがっかりさせられたのは抜けた1番人気のタガノディアマンテ。レース直後から離れた最後方のまま。直線大外から追ってきたが目立った伸び脚が見られず7着惨敗。あの縦長のレース展開で後方のままでは好調な時でも無理だろう。川田の完全な騎乗ミス。

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

コメント

タイトルとURLをコピーしました