楽しむ競馬回収作戦•『今週の重賞チェック』阪急杯&中山記念

舞台を中山、阪神に移した中央競馬はJRAとしては初めての無観客競馬になった。戦時中の日本競馬会時代の1944年以来となる76年ぶりの無観客競馬。

一昔前なら当然中止となるところだが、電話•インターネット投票が70%を占める現代だからこそ開催可能で、ファンとしてもひとまずホッとしているのではないだろうか。

今週の重賞はスプリント路線とマイル戦線の両睨みとも言える『阪急杯』と、中距離GⅠやマイル路線に向けてハイレベルな戦いが繰り広げられる『中山記念』。この2レースのチェックをしてみる。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

● 阪急杯(GⅢ) 芝1400m

出走表

 1 ジョイフル     牡6 56 川又

 2 ライラックカラー  牡5 56 木幡育

 3 ダイアトニック   牡5 57 北村宏

 4 マイスタイル    牡6 56 田中勝

 5 クリノガウディー  牡4 56 森裕

 6 フィアーノロマーノ 牡6 56 川田

 7 ステルヴィオ    牡5 57 丸山

 8 サフランハート   牡7 56 幸

 9 ディープダイバー  牡4 56 酒井

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

10 ストーミーシー   牡7 56 松若

11 ロジクライ     牡7 56 岩田康

12 レインボーフラッグ 牡7 56 松山

13 ハッピーアワー   牡4 56 吉田隼

14 ベストアクター   セ6 56 浜中

15 ニシノラッシュ   牡8 56 松田

16 アンヴァル     牝5 54 藤岡佑

17 ラヴィングアンサー 牡6 56 和田

18 スマートオーディン 牡7 56 秋山真

絶対的存在の馬がいない上に18頭では予想に頭を悩ませている人が多いだろう。ただ、開幕週に人気になると思われる馬がほとんど内枠に入ったのは予想のポイントになるか。それとも人気薄が直線外から飛んでくるか興味ある一戦。

一応安定感では掲示板から外れたのが前々走の初GⅠ『マイルチャンピオンシップ』だけというダイアトニックか。ただ、18頭立てでこのところピリッとしない北村友騎乗では何かに足元をすくわれる可能性がある。

その筆頭は好枠から単騎逃げが見込まれるマイスタイルか。成績にムラがあるのは確かだが、単騎で逃げた時の粘りは侮り難い。

続くのは、こちらもムラ気味だがハマった時はGⅠも獲れる末脚の切れがあるステルヴィオ。最近、前目で競馬出来るようになったのも心強い。

● 中山記念(GⅡ) 芝1800m

出走表

1 インディチャンプ  牡5 58 福永

2 エンジニア     牡7 56 大野

3 ダノンキングリー  牡4 56 横山典

4 ソウルスターリング 牝6 54 北村宏

5 ペルシアンナイト  牡6 57 池添

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

6 マスターズアポジー 牡8 56 武士沢

7 ラッキーライラック 牝5 55 Mデムーロ

8 ウインブライト   牡6 58 ミナリク

9 ゴールドサーベラス 牡8 56 横山和

日本初!自分好みに馬柱がカスタマイズできる!【Deep】

西の重賞とは対照的に9頭立てと少頭数になったが、GⅠ馬5頭と少数精鋭の激戦。その中で最注目は『マイルの王者』インディチャンプ。コンビ復活の福永が本当に強くなるのはこの位の年齢から、というように抜群の調教。距離、コース、斤量と不利な材料の中で好走出来るなら、マイル以外の選択肢も広がる。

最も条件に恵まれたのはダノンキングリー。小柄なこの馬には56キロの斤量も味方しそう。適距離とは言えないダービーでも2着。比較的に前でも競馬が出来るのも好材料。ただ、主戦の戸崎が乗れないのが懸念材料か。

後は、昨年大ブレイクしたウインブライトか。中山での成績はずば抜けていて昨年に続く連覇の可能性もある。

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

コメント

タイトルとURLをコピーしました