楽しむ競馬回収作戦『今週の重賞チェック』チューリップ賞&オーシャンステークス

今週は変則的な番組編成で土曜日にチューリップ賞、オーシャンステークス。日曜日は弥生賞。

あと1ヶ月でクラシック戦線に突入するとあってトライアルレースが目白押しだが、今週もチューリップ賞、弥生賞というGⅠに直結したレースが組まれている。今回は土曜日のチューリップ賞とオーシャンステークスをチェックしてみる。

日本初!自分好みに馬柱がカスタマイズできる!【Deep】

● チューリップ賞(GⅡ) 芝1600m

出走馬

イズジョーノキセキ 牝3 54 岩田康

ウーマンズハート  牝3 54 藤岡康

エーポス      牝3 54 池添

クラヴァシュドール 牝3 54 Mデムーロ

シャンドフルール  牝3 54 武豊

ショウリュウハル  牝3 54 松若

スマートリアン   牝3 54 幸

スマイルカナ    牝3 54 丹内

チェーンオブラブ  牝3 54 石橋脩

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

ピーエムピンコ   牝3 54 和田

フルートフルデイズ 牝3 54 藤岡佑

マスターズディオサ 牝3 54 田辺

メデタシメデタシ  牝3 54 坂井

モズアーントモー  牝3 54 松山

レシステンシア   牝3 54 北村友

注目のレシステンシアが桜花賞に向けて始動する。3戦3勝、しかも前走阪神ジュナイベルF(GⅠ)が逃げて上がり最速で2着に5馬身差の圧勝。3走共安定したスタートで好位置をキープ。必ずしも前走みたいに逃げなくても競馬は出来る。本番前の仕上げでも、ここは負ける訳にはいかない。

実績では前走やはり阪神ジュナイベルFで2番人気に推されたウーマンズハート。好枠から粘ったが勝ち馬から7馬身以上離されたのでは巻き返しは苦しい気もするが、上位争いには割ってくる。

それなら、同レースで中団からの差し脚に目を見張るものがあったクラヴァシュドールが上か。面白いのは逃げ脚に見所のあるスマイルカナ。枠にもよるが無欲の逃げが打てるならひょっとするかも。

● オーシャンステークス(GⅢ) 芝1200m

出走馬

エスターテ     牝5 54 丸田

エンゲルヘン    牝6 54 石川

カッパツハッチ   牝5 54 丸山

キングハート    牝7 56 北村宏

クールティアラ   牝4 54 津村

グランドボヌール  牡6 56 城戸

タワーオブロンドン 牡5 58 ルメール

ダイメイプリンセス 牝7 54 秋山真

ダノンスマッシュ  牡5 56 川田

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

ティーハーフ   牡10 56 国分優

ナインテイルズ   牡9 56 野中

ナックビーナス   牝7 54 横山典

ナリタスターワン  牡8 56 笹川翼

ハウメア      牝6 54 ヒューイットソン

ミキノドラマー   牡7 56 菊沢

ラブカンプー    牝5 54 ミナリ

レジーナフォルテ  牝6 54 杉原

昨年スプリント戦に転向して以来好走を続けて一気にスプリンターズSを制したタワーオブロンドン。前々走のセントウルSの差し脚が強烈で、唯一不安視された中山コースも克服。500キロを優に越す馬体だけに不安があるとすれば5ヶ月ぶりだけ。

こちらもスプリントでは安定感抜群のダノンスマッシュ。キーンランドCではタワーオブロンドンを完封しており、前目で競馬出来れば逆転も。

2強を敗るのは容易ではないが、一気に逃げた時のナックビーナスまで。あとの馬では余程恵まれないと苦しい戦いになりそう。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

コメント

タイトルとURLをコピーしました