楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』アンタレスステークス

久し振りの雨予報が出ている。どのくらい降らなかったのか忘れてしまった程の晴天続きだった。気になってカーテンから覗いてみると、やはり降っていたようでベランダが濡れている。そして、このブログ書いている間に少し強くなってきたようだ。何かしばらく聞いていなかったけど、雨音って落ち着く。傘持って出るのは嫌だけど、たまにはいいっか

桜花賞はやはり荒れましたね。今年のスターホース不在の3歳馬ではレースの度にコロコロ勝ち馬が変わるはず。特に牝馬はマイルからいきなり2400メートルだから、力が抜けていない限りはオークスも波乱の余地がある。しかも、昨年勢いでGⅠを勝った感のある横山武が人気馬に騎乗するのだから、穴党ファンには美味しいレースが続きそう。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

● アンタレスステークス(G) ダ1800m

出走予定馬

アナザートゥルース セ8 57 松田

アルーブルト    牡4 56 浜中

ウェスタールンド  セ10 56 藤岡佑

オーヴェルニュ   牡6 57 鮫島駿

オメガパフューム  牡7 59 横山和

カデナ       牡8 57 池添

グロリアムンディ  牡4 56 坂井

ケイアイパープル  牡6 57 藤岡康

サクラアリュール  牡7 56 酒井

デュープロセス   牡6 56 秋山真

ニューモニュメント 牡6 56 小崎

バーデンヴァイラー 牡4 56 幸

ヒストリーメイカー 牡8 56 内田

プリティーチャンス 牝5 54 柴山

ユアヒストリー   牡4 56 富田

ライトウォーリア  牡5 56 松若


あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

4歳馬から10歳馬まで幅広く揃ったが、ここは若さで、バーデンヴァイラーに期待する。新馬戦で芝を走った後、もう一度芝を試した後は一貫してダート1800メートルを使っているが、6戦5勝と全く崩れを知らない。特に、前走は初めてのオープンを楽に逃げ切るなど、まだまだ底を見せていない。今回は皐月賞とかち合って主戦の福永が騎乗出来ないのが不安材料。この馬は芝の新馬戦以外は全て3番手以内の競馬に徹しているが、幸がスタートに気を付けて積極的に出して行ければ、56キロの斤量なら無様なレースはしないはず。

対抗には格上のオメガパヒューム。東京大賞典4連覇という今後破られそうもない大記録を達成する等、23戦して着外は僅かに4回だけと砂の帝王と言っても過言ではない。ただ、最近は大井競馬場を主戦場に地方での出走がメインで、JRAはほぼ2年振り。一週前の栗東坂路6F80秒5ー11秒7で時計が出ているので、最終は坂路を馬なり。「スイッチが入って馬が変わりました」と自信の安田翔師。一旦種牡馬入りからの現役続行と、勢いのある4歳馬に3キロ差のハンディがどう出るか

三番手には、バーテンヴァイラーと共にこれからのダート界を引っ張っていく存在になるグロリアムンディ。こちらも福永が主戦で芝で将来を期待されていたが伸び悩み。ダートに転向した途端、4連勝でオープンまで勝ってしまった。バーテンヴァイラーより展開に左右されない強味が魅力で、先行から中団での競馬になるが初のオープンだった前走名古屋城ステークスでも余裕を持って抜け出し。まだ、底を見せていないのも魅力。今回は代打の坂井になるが、メイダンのゴドルフィンマイルで勝つなど、最近乗れているので心配はなさそう。

宝くじより凄いかも! キャリーオーバー時最高12億円!
しかも1枚200円で買える夢の競輪くじはこれ!


タイトルとURLをコピーしました