楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』有馬記念

暮れも押し迫ってくると色々な事件や事故が相次いで起こる。以前は金融機関を狙った強盗やひったくりが横行していたが、最近はあんまり聞かなくなった。その代わり、自分勝手で理不尽な事件が増えてきた。当事者からすれば逆恨みだろうがなんだろうが相手を許せないのかもしれないが、その相手だけでなく無関係な人の命まで奪う事件が多くなってきた気がする。

また、自死も相変わらず多い。コロナウイルス禍の中では女性や若者が増えていると聞く。それが有名人だと必要以上に美化したり、逆に死者を鞭打つような報道やSNSへのコメントで溢れてしまう。死後の世界があるのかどうかは知らないが、亡くなってまで騒がれてはあの世とやらでうんざりしているだろう。まとまりのない文章になったが、親族に見守られてひっそり逝くのが一番幸せなのかもしれない……。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

● 有馬記念(GⅠ) 芝2500m

出馬表

 1 ペルシアンナイト  牡7 57 Cデムーロ

 2 パンサラッサ    牡4 57 菱田  

 3 モズベッロ     牡5 57 池添

 4 メロディーレーン  牝5 55 岩田望

 5 デイープボンド   牡4 57 和田竜

 6 ウインキートス   牝4 55 丹内

 7 クロノジェネシス  牝5 55 ルメール

 8 ユーキャンスマイル 牡6 57 藤岡佑

 9 ステラヴェローチェ 牡3 55 Mデムーロ

10 エフフォーリア   牡3 55 横山武

11 アリストテレス   牡4 57 武

12 シャドウティーヴァ 牝5 55 横山典

13 アカイイト     牝4 55 幸

14 アサマノイタズラ  牡3 55 田辺

15 キセキ       牡7 57 松山

16 タイトルホルダー  牡3 55 横山和

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

本命はエフフォーリア。コントレイル引退の後ダービー馬シャフリヤールと共に今後の競馬界を背負って立つ存在で、ここは負けられない一戦。6戦5勝の内、左回りの東京が4戦3勝。右回りは新馬戦の札幌、皐月賞の中山で2勝とコースは問わない。距離的には2000メートル辺りが最適とも思われるが、最強馬を目指すならこの距離への適応は不可避になる。

美浦南W5F69秒0ー38秒0ー11秒4の最終追い切り。「十分な稽古だったと思います。天皇賞はすごくいい状態だったけど、それに近づけたかなという感じ」と鹿戸師。また、横山武も完璧な天皇賞からは若干落ちるというコメント。その辺が微妙な感じはするが、5枠10番はレースしやすいので横山武の手腕次第。

相手には同じ3歳牡馬のステラヴェローヂェを推す。この馬も相当高いポテンシャルの持ち主。皐月賞、ダービー共に3着に距離が長過ぎると思った菊花賞も4着と踏ん張っている。栗東CW6F84秒4ー37秒0ー11秒2の追い切りに、「本当にいい感じ。うまく調整出来た。集中して走れていた。距離はいいんじゃないかな」とべた褒めの須貝師。このところ、存在感を発揮しているMデムーロで一発ありそう

三番手にもやはり3歳牡馬のタイトルホルダー。今回の中山は例年より馬場状態がいいので、この馬の先行力に目を付けていたがまさかの大外16番枠。それでも、好発進から2、3番手に付けられれば面白い存在になりそう。美浦南W6F82秒5ー37秒0ー11秒6の追い切りに、「今日はリズム良く走れていましたし、何の不安もありません」という横山和。大外も意に介さず先行するこの馬が鍵を握りそう。

声だけバイトで1分100円~

タイトルとURLをコピーしました