楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』チャレンジカップ

先週のコントレイルの人馬一体の快勝劇と、その後の福永の涙。更に馬道に消える前の観客席への深々とした一礼に思わずもらい泣きしたファンも多かったようです。勝利の後ただはしゃぎ回ったり、馬からジャンプして降りる騎手もいるけど、やはり馬最優先で厩舎と一緒に育て上げたなら、勝った喜びだけでなく寂しさも湧くのは当然でしょう

せっかく有観客の中で三冠馬コントレイル有終の美を飾って盛り上がったけれど、感染力の強いといわれるオミクロン株が世界中で流行。日本国内でも2例目が確認されて、更なる感染拡大に向かう事は確実。これから、年末年始に向けて感染対策が緩んだらあっという間に、デルタ株以上の猛威を振るうことになりかねない。競馬開催中止にだけはならない事を祈る。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

●チャレンジカップ(GⅢ) 芝2000m

出走予定

アルジャンナ    牡4 56 武

カツジ       牡6 56 岩田康

ジェラルディーナ  牝3 53 福永

スカーフェイス   牡5 56 団野

ソーヴァリアント  牡3 55 ルメール

ヒートオンビート  牡4 56 川田

ペルシアンナイト  牡7 57 岩田望

マイネルウィルトス 牡5 56 デムーロ

マイネルフラップ  牡5 56 ○○

メイショウオーパス 牡6 56 幸

モズナガレボシ   牡4 56 松山

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

本命にはモーリスⅩジェンティルドンナというファンにとって夢の配合ジェラルディーナ。両親合わせて13冠ベビーとして期待されたが、スタートが悪く今年の夏までは1勝クラス。しかし、福永に乗り替わった後の2戦目から一変。1勝、2勝、3勝クラスを楽々突破。距離もそれまでのマイル路線から1800メートルに変えたのも良かったのか。

今回は初めての2000メートルで重賞挑戦だが、スタートに不安がありながら末脚を活かして勝っているだけに距離延長はむしろ歓迎材料。栗東CW71秒9ー40秒4ー12秒2を重馬場の中、馬なりでマークした最終追い切り。「先週しっかり動かしてもらっているし、今日はいい動きでした」と斉藤崇師。ここで勝てれば来年は主役になれる逸材が覚醒したのか。

相手には3歳牡馬ソーヴァリアント。2勝クラスを勝ち上がってセントライト記念に挑戦した前走は、直線外から抜け出したかに思えたが、最後は惜しくもアサマノイタズラに交わされて2着。美浦南W4F52秒3ー37秒5ー11秒9の最終追い切り。「今回は輸送もあるのでそこまでやる必要はないと思っていたけど、持ったままでいい時計が出ちゃう」と大竹師。上の世代の強敵とは初顔合わせだが、一気に壁を打ち破れるか

三番手にはマイネルウィルトスを推す。オープン入りに26戦を要したが、直後の不良馬場の福島民報杯(L)を2着に大差の圧勝。北海道の重賞2戦の後の前走アルゼンチン共和国杯では2着と確実に実力を付けてきた。栗東CW6F80秒5ー37秒5ー11秒9を馬なりの追い切りに、「先週、時計は出したので終い重点でサラッと。前走と比べても悪くないと思う」と宮師。3歳のエリートに対して、叩き上げの苦労人が意地を見せ付けるか。

声だけバイトで1分100円~

タイトルとURLをコピーしました