楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』牝馬一冠へ桜花賞❗

ずっと春らしい穏やかな天気が続いている。この週末も全国的に晴れそうだ。ただ、東北地方では朝に雪が降ったそうだ。え、と思ったけど日本は縦長だからそういう事もある。ま、昼までには晴れに変わるそうだから深刻な雪ではないみたい。そういえば、数年前に桜咲いてから雪が降った事があったけど、あれはなかなかの風情だったなぁ……

最近は温暖化のせいか桜の開花が早く、北国でも桜と雪の取り合わせは少なくなったそうだが、以前は度々あったと東北の人に聞いた事がある。競馬でも以前は桜花賞や皐月賞は満開の桜の下で行われていたような記憶がある。しかし、最近は桜は残っていても満開は過ぎている事が多いような気がするが、今年の桜花賞はどうかな。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

● 桜花賞(GⅠ) 芝1600m

出馬表

 1 ナムラクレア    牝3 55 浜中

 2 カフジテトラゴン  牝3 55 古川吉

 3 アルーリングウェイ 牝3 55 藤岡佑

 4 パーソナルハイ   牝3 55 吉田豊

 5 ピンハイ      牝3 55 高倉

 6 ウォーターナビレラ 牝3 55 武

 7 サブライムアンセム 牝3 55 岩田望

 8 スターズオンアース 牝3 55 川田

 9 クロスマジェスティ 牝3 55 武藤

10 ライラック     牝3 55 福永

11 ラブリイユアアイズ 牝3 55 坂井

12 ベルクレスタ    牝3 55 吉田隼

13 ラズベリームース  牝3 55 池添

14 プレサージュリフト 牝3 55 戸崎

15 アネゴハダ     牝3 55 幸

16 サークルオブライフ 牝3 55 デムーロ

17 フォラブリューテ  牝3 55 ルメール

18 ナミュール     牝3 55 横山武

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

本命は絶好の10番枠を引いたライラック。前走のフェアリーステークスは出遅れて一時最後方から徐々に進出して、直線外から差し切る強い内容。3戦2勝の唯一敗れたのが前々走阪神のラジオNIKKEI京都2歳ステークスだが、輸送で10キロ減ってカリカリしていたもので参考外。美浦南W5F65秒2ー36秒8ー11秒8を馬なりの最終追い。「びっしりやらなくてもいいと思っていたし、いい動きだった。体も10キロくらい増えて、落ち着きがあるのもいい」と相沢師。「内過ぎず外過ぎずでいいんじゃないですか。内を見ながら行けるのはいいね。福永騎手もいい事を言ってくれたし楽しみです」と、10番枠にも好感触。13年振りのGⅠ制覇に心強い名手とのタッグで挑む。

対抗には2歳女王のサークルオブライフを推す。前走チューリップ賞はは3ケ月振りのレースで内の枠を引いたので内目で先行策。外から伸びたナミュールに抜け出され、インを突いたピンハイにも抜かれたが、馬群の中から伸びる競馬が出来たのは収穫。美浦南W6F82秒5ー36秒5ー11秒3を馬なりの最終追い切り。「馬は出来ていますが、終いがスッと伸びるような感じでやりました。一回使われた事で落ち着きが出て、いい感じだと思います」と、国枝師。16番枠を引いたが全戦騎乗のデムーロの腕に託す

面白いのは2戦負け無しのプレサージュリフト。どちらも出遅れて後方から差し切る強い内容。しかも、枠順も16番、13番と今回の14番枠と似たような外枠をこなしているのは心強い。美浦南W6F85秒5ー38秒7ー11秒7を馬なりの追い切りに、「うまくいったと思いますし、いい動きでした。強い馬もたくさん出てくるのでリスペクトの気持ちを持って臨みたいです」という木村師。初めての右回りや長距離輸送が鍵になるが、復調気配の戸崎を背に最短3戦目での桜の女王戴冠成るか。

スマホを使った声だけの副業


タイトルとURLをコピーしました