楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』長丁場ダイヤモンドS

今年は雪の降る回数が全国的に多いのではないだろうか。例年のように日本海側は特に多いが、東京をはじめとして関東地方も結構雪に降られた。ただ、幸運にも例年この時期に発生する競馬開催の中止や延期が今のところは皆無。この週末も日本海側は雪になりそうだが、東京、阪神、小倉競馬場付近には雪マークは付いていない。寒さもあと半月。このまま、雪の影響による開催中止や延期がないままに春を迎えたいもの。

● ダイヤモンドステークス(GⅢ) 芝3400m

出走予定

アドマイヤアルバ  セ7 53 団野

アンティシペイト  牡5 55 田辺

カウディーリョ   牡6 56 デムーロ

カレンルシェルプル 牡4 53 横山和

グレンガリー    セ7 54 大野

ゴースト      セ6 54 北村宏

セントレオナード  牡6 53 丸山

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

テーオーロイヤル  牡4 54 菱田

トーセンカンビーナ 牡6 55 石川

メロディーレーン  牝6 52 菅原明

ランフォザローゼス セ6 54 田中勝

レクセランス    牡5 55 横山武

ヴァルコス     牡5 54 三浦

ヴェローチェオロ  牡4 54 戸崎

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

本命にはトーセンカンビーナ。長丁場には好成績を残して、阪神大賞典2着、天皇賞(春)5着、前走のステイヤーズS4着と3000メートル以上では好走が続いている。美浦南W6F83秒9ー37秒1ー11秒8の最終追い切りに、「状態が良く活気がある。使うごとに良くなっている」と自信を示す加藤征師。ただ、この馬の問題点はスタート。殆んどのレースで続く手遅れ。だからこそ、長丁場なら挽回が利く可能性がある。左回りは決して得意ではないが石川の手腕に期待。

対抗にはレクセランスを推す。デビュー戦から3連勝で臨んだクラシック戦線は全て2桁着順と期待外れ。しかし、昨年から長距離て良績を残し始めた。栗東坂路4F55秒6ー40秒1ー12秒4を馬なりの最終追い切り。「真っ直ぐ走れていたし、時計も予定通り。精神的にどっしりしてきて輸送で体重も減らなくなってきた。良馬場で競馬をしたい」と池添学師。横山武で初のタイトル奪取なるか。

面白いのはテーオーロイヤル。ハイレベルの4歳馬の中でクラシック路線には無縁だが、長距離に変えてじっくり実力を蓄えて3連勝でオープン入り。栗東坂路4F53秒7ー39秒1ー12秒1を馬なりの調整。「動きは良かった。ここ3戦で一気に成長してくれました。心肺機能の強さは調教から感じていた」と、6戦連続て手綱を取る菱田。4連勝して一気に初重賞制覇で春の長距離戦線の主役にのし上がれるか。

宝くじより凄いかも! キャリーオーバー時最高12億円!
しかも1枚200円で買える夢の競輪くじはこれ!

タイトルとURLをコピーしました