楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』エルムステークス

新型コロナウイルス感染者が8月3日24万9千人台。これから子供達の夏休みに加えて社会人の帰省や盆休みに入り、このままでは30万人突破も時間の問題か。それでも何一つ対策を取らずに指を咥えて見ているだけの政府。何故、非常事態宣言や蔓延防止などの行動規制しないのか。『経済とコロナ対策の両立』と言えば格好はつくだろうが、実際は無為無策なだけ。

政府だけでなく、都道府県知事も何にもせずにただあたふたするだけ。政府が無為無策なら「感染拡大防止のために帰省は控えて下さい」と言う知事が一人ぐらいいてもいいはず。知事会とやらでは偉そうに政府に提言するが、自ら実行する有能な知事は見当たらない。これじゃ、日本は先進国から落ちる寸前なはずだ。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

● エルムステークス(GⅢ) ダ1800m

出走予定

アイオライト    牡5 56 菱田

アメリカンシード  牡5 56 柴山

ウェルドーン    牝4 54 武

オメガレインボー  牡6 56 横山和

スワーヴアラミス  牡7 58 松田

ダノンファラオ   牡5 58 浜中

ダンツキャッスル  牡6 56 吉田隼

バティスティーニ  牡9 56 鮫島駿

ヒストリーメイカー 牡8 56 池添

フルデプスリーダー 牡5 56 丹内

ブラックアーメット 牡4 56 角田和

ブラッティーキッド 牡4 56 水口

ロードエクレール  牡4 56 石川

ロードレガリス   牡7 56 富田

本命にはロードエクレール。とにかくスタートの良い馬で殆ど逃げか2番手からの競馬。ダート戦においては何よりの強味になる。まだ、枠順は分からないが外でも積極的なレースになるはず。鞍上の石川も人気に関係なく勝てる騎手なので心強い。今年初戦でオープン入りを決めた後も全て逃げて2着、3着、3着と安定している。前走は斎藤に乗り替わったが再び石川を鞍上に迎えて初めての重賞制覇に期は熟したか。札幌ダート6F83秒9ー39秒2ー12秒9でG前だけ仕掛け気味の最終追い切り。「動く馬なので何にもせずに併入。引き続き状態は良さそう。今夏3戦目になるが疲れはない」とキッパリ言う陣営。持ち前の逃げ脚でタイトル奪取なるか。

相手にも同じ勝負服のロードレガリス。JRAの芝コースデビューの後、大井競馬で4戦3勝の成績で同じ野中厩舎に復帰。いきなり4連勝でオープンも勝ってしまった。その後、重賞戦線でも健闘。函館ウッド5F69秒5ー40秒5ー13秒2を馬なりの調整。「前走時は背、腹がだいぶしっかりしてレースも見せ場十分だった。輸送は続いたけど馬は元気」と陣営。本命馬とは真逆の脚質だが、直線同じ勝負服がゴール前激しい争いを見せるか

三番手にはオープン入り後安定した成績を残しているオメガレインボー。昨年、函館で行なわれたこのレースで2着。その後の重賞でも善戦。6歳で充実期を迎えた感じ。札幌ダート6F86秒3ー39秒9ー12秒6を馬なりの調教。「いつも通り1週前の金曜日に強く追って、今朝はラスト100メートルだけ気合いをつけました。昨年は函館で2着でしたが、広い札幌の方がリズムは取りやすいはず」と手の内に入れた横山和。初タイトルへチャンス到来か。

宝くじより凄いかも! キャリーオーバー時最高12億円!
しかも1枚200円で買える夢の競輪くじはこれ!

タイトルとURLをコピーしました