楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』短距離王へ阪急杯

どうなっているんだと言いたい程異常な降雪の今年の冬。札幌空港の様子なんか見ていると、完全に災害ですね。ただ、この雪も週末前には峠を越して一気に春の陽気になりそう。もちろん、北国の方はまだまだ降雪があるだろうけれど、関東から西日本に掛けてはひとまず雪は終わり春の訪れを待つ事になりそう

先週の今年最初のGⅠフェブラリーステークスは、落馬故障開けの福永騎手の完璧な騎乗に導かれたカフェファラオが復活の連覇。こんなに強い競馬をする馬が一年間勝てなかったなんて信じられないが、レースの条件や馬自身の調子の良し悪しによってはガラリと変わるのも競馬。その辺が競馬の難しさと面白さなのかもしれない。

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

● 阪急杯(GⅢ) 芝1400m

出走予定

エイティーンガール 牝6 54 秋山真

クリノガゥディー  牡6 56 福永

グルーヴィット   牡6 56 団野

グレイイングリーン 牡4 56 岩田望

サンライズオネスト 牡5 56 武

ザイツィンガー   牡6 56 酒井

タイセイビジョン  牡5 56 幸

ダイアトニック   牡7 56 岩田康

トウラヴェスーラ  牡7 56 鮫島駿

ミッキーブリランテ 牡6 56 和田竜

モントライゼ    牡4 56 藤岡佑

リレーションシップ 牡5 56 松田

リンゴアメ     牝4 54 ○○

ヴィジュネル    牡4 56 藤岡康

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

本命にはモントライゼを推す。この馬が前目に付けた時のスピードは侮れないものがある。枠順にもよるが好スタートを切れば開幕の阪神内回りなら勝負圏内。距離的にも1200mから1400mはお誂え向き。栗東CW6F81秒0ー36秒3ー11秒5を一杯に追われた最終調整。「除外になって2週間延びたけど、その分しっかり乗り込めたし、動きは良かった。今回の方が条件はいいと思う。改めて賞金加算を」と松永幹師。今後短距離戦線を引っ張って行く存在になるには試金石となるレース。

対抗には先週落馬故障開け初めてのGⅠを神騎乗で制した福永騎乗のクリノガゥディー。前2戦は大敗しているが相手が強かったのと、2ケ月半で4レースという詰まった日程のせいもありそう。「福永騎手ともしっかりと話し合って、終い重点である程度やりました。この一本で仕上がってくれると思います」先週乗り代わりでGⅠを勝っている騎手ですから、この馬の良いところを引き出してくれれば、と期待する藤沢則師。3年連続の阪急杯で初重賞制覇を目指す

三番手には前走京都金杯の内容が良かったダイアトニック。1400mは5勝2着3着が一回ずつとほぼバーフェクト。栗東坂路4F55秒6ー39秒7ー11秒6の追い切りに、「先週しっかりやったので今週は終い重点。寒い時期はすごく具合がいい。ここを勝って高松宮記念の雪辱を果たしたい」と燃える安田隆師。ロードカナロア産駒は奥手の馬が多いという師の持論通り7歳とは思えない動き。念願のGⅠに向けて負けられない一戦。

WEB集客0円【エキテン】


タイトルとURLをコピーしました