楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』マイルチャンピオンシップ

今週も先週までのような快晴とは行かないまでも、阪神、東京競馬場ともにまた良馬場でのレースが期待出来そう。ただ、阪神競馬場はAコースのままだが内沿いに軽微な傷みが出た程度で、内枠が若干有利の状況は変わらないだろう。東京競馬場は今週からCコースになりいくらかはカバーされるが、3コーナーから4コーナー及び正面直線に傷みがある状況。

マイルチャンピオンシップが行われる阪神競馬場は17頭の多頭数を考えると、極端な外枠は苦しい気がする。今日発表された枠順で3強とみられるグランアレグリアは4番。インディチャンプは8番、そしてサリオスは大外17番に決定。どんな競馬でも出来るグランアレグリアは最高の枠をゲット。インディチャンプも脚質的には好枠。さて、サリオスの大外は……。

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

● マイルチャンピオンシップ(GⅠ) 芝1600m

出走表

 1 ベステンダンク   牡8 57 藤岡佑

 2 レシステンシア   牝3 54 北村友

 3 ケイアイノーテック 牡5 57 津村

 4 グランアレグリア  牝4 55 ルメール

 5 メイケイダイハード 牡5 57 酒井

 6 ラウダシオン    牡3 56 武

 7 アドマイヤマーズ  牡4 57 川田

 8 インディチャンプ  牡5 57 福永

 9 カツジ       牡5 57 池添

10 ブラックムーン   牡8 57 幸

11 スカーレットカラー 牝5 55 岩田康

12 アウィルアウェイ  牝4 55 藤岡康

13 タイセイビジョン  牡3 56 石橋脩

14 サウンドキアラ   牝5 55 松山

15 ペルシアンナイト  牡6 57 大野

16 ヴァンドギャルド  牡4 57 戸崎

17 サリオス      牡3 56 デムーロ

本命にはインディチャンプ。陣営も言うようにスプリンターズステークスを使ってからという目論見が狂ったのは痛いと思ったが、さすがは音無厩舎。最終追い切りは栗東坂路4F52秒3ー38秒3ー12秒2を切れ味抜群のアクションで駆け抜けた。

「しっかりと併せ馬が出来たし、十分ですね。昨年のマイルチャンピオンシップが過去一番の出来だったが、それに匹敵するくらいに良くなっている」と、合格点の音無師。鞍上は今最も信頼出来る三冠ジョッキー福永。内のグランアレグリアを目標にきっちり抜け出す。

サンスポZBAT!競馬から新サービス登場!【Deep】

2番手にはグランアレグリア。安田記念は圧巻の走りを披露。秋のスプリンターズステークスもきっちり勝って短距離では敵なしの勢い。最終追い切りは美浦の芝コースを5F65秒1ー36秒3ー11秒5。「一度使っているし、そんなに強い調教は要らない。いい感じの調教が出来ました」と藤沢和師。桜花賞を圧勝した阪神コースで4番枠。GⅠ3連勝なるか。

期待していたサリオスがまさかの大外17番枠。それなら2番枠54キロと好条件の揃ったレシステンシアが上か。左第1指骨の剥離骨折により6ヶ月半ぶりのレースになるが、「これだけ順調にきたのは初めてなんじゃないかな」という陣営。好枠を活かして逃げたら、今の時計の速い阪神コースならアッと言う逃げ切りまである。

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

タイトルとURLをコピーしました