楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』ステイヤーズステークス

世紀の一戦ジャパンカップが終わってちょっと気が抜けた感じもあるが、今週から今年の競馬も直線坂を越えて鞭が入る時期になってきた。残り4週でGⅠ5レースという暮れの日程。有馬記念、チャンピオンズカップの他に阪神ジュナイベルフイリーズ、朝日杯フューチュリティステークス、ホープフルステークスという2歳GⅠ戦3レースがスタンバイ。

まだ、昨年のコントレイルに匹敵するような馬は現れていないが、史上初の牝馬無敗三冠馬デアリングタクトもこの時期は新馬戦勝っただけの馬。今勝ち上がっている馬の他にも、これから期待される馬がどんどん出てくるはず。来年のクラシック戦線も年末のGⅠ3レースである程度輪郭が見えてくる可能性もある。

人にもペットにもOKの100%天然植物エキス。

植物性消臭液!瞬間消臭の消臭液【ニオイノンノ】

そのにおいを無かったことに!

● ステイヤーズステークス(GⅡ) 芝3600m

出走予定馬

アドマイヤアルバ  セ5 56 大野

アルバート     牡9 56 岩田康

オーシャンビュー  牡7 56 嘉藤

オセアグレイト   牡4 56 横山典

ゴールドギア    牡5 56 田辺

シルヴァンシャー  牡5 56 戸崎

ステイブラビッシモ セ7 56 江田照

タイセイトレイル  牡5 56 坂井

タガノディアマンテ 牡4 56 津村

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ダンビュライト   セ6 56 松若

ヒュミドール    セ4 56 吉田豊

ヘリファルテ    牡6 56 石橋脩

ボスジラ      牡4 56 横山武

ポンテザール    牝5 54 ルメール

メイショウテンザン 牡4 56 池添

リッジマン     牡7 56 古川

ルミナスウォリアー 牡9 56 黛

JRA最長距離の重賞。3000mを超えるレースが少ないだけに、距離適性が問題になるが芝2600mで4戦4勝のポンテザールを推したい。唯一の牝馬だが長距離戦での鋭い差し脚が魅力。最終追い切りは美浦W4F53秒3ー38秒7ー12秒8をマーク。「微調整程度。前走より絞れて一段階上の仕上げ」と堀師。2走前の札幌日経オープンでレコード勝ち。札幌記念でも4着と健闘。絶好調ルメールで初重賞制覇。

2番手にはボスジラ。先行も出来るし後方からの鋭い脚もあるのは長距離戦では魅力。今年オープン入りして阪神大賞典、目黒記念では荷が重かったが札幌日経オープン2着、丹頂ステークス1着と4歳の充実期を迎えた今なら、このメンバーで初受賞制覇も夢ではない。前走と同じく横山武が勝利に導くか。

3番手にはダンビュライト。3歳時にクラシック戦線で活躍して以来、主に中距離戦を使われてきたが菊花賞で掲示板に載るなど長距離適正は十分。勝鞍4勝中3勝を挙げて、ここ7戦連続騎乗の松若が思い切って逃げるなら、小回りの中山の開幕週という好条件を味方に3度目の重賞制覇までありそう。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

タイトルとURLをコピーしました