楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』チャンピオンズカップ

今年の競馬界は史上初のオンパレード。牝馬無敗三冠馬デアリングタクトから始まって、父子無敗三冠馬コントレイル、更にはアーモンドアイの芝GⅠ9冠……、コロナウイルス禍による無観客開催も含まれるのかもしれない。毎週、毎年競馬をやっていると、次から次へと出てくるスターホースや贔屓の馬を追い掛けて余程の事でないと忘れてしまう。

しかし、今年の競馬だけは鮮明に記憶されていて、何年いや何十年か先に頭が白くなって記憶が曖昧になっても、コロナウイルス感染と共にすぐにスイッチが入って思い出してしまいそう。その中には先週の三冠馬3頭による世紀の一戦ジャパンカップも含まれるだろう。先輩方が三強ダービー、TTG決戦……等と懐かしむのを羨んでいたが、今年のジャパンカップもその仲間入りしたに違いない。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

● チャンピオンズカップ(GⅠ) ダ1800m

出走表

 1 タイムフライヤー  牡5 57 藤岡佑

 2 ゴールドドリーム  牡7 57 和田竜

 3 メイショウワザシ  牡5 57 高倉

 4 エアアルマス    牡5 57 松山

 5 クリンチャー    牡6 57 三浦

 6 エアスピネル    牡7 57 福永

 7 カフェファラオ   牡3 56 ルメール

 8 サンライズノヴァ  牡6 57 松若

 9 アルクトス     牡5 57 田辺

10 アナザートゥルース セ6 57 デムーロ

11 チュウワウィザード 牡5 57 戸崎

12 モズアスコット   牡6 57 横山武

13 インティ      牡6 57 武

14 ヨシオ       牡7 57 亀田

15 クリソベル     牡4 57 川田

16 サトノティターン  牡7 57 藤岡康

人にもペットにもOKの100%天然植物エキス。

植物性消臭液!瞬間消臭の消臭液【ニオイノンノ】

そのにおいを無かったことに!

ここはクリソベルの独壇場か。全てダート中距離で9戦8勝。敗れた1戦もサウジCだけ。国内では地方も含めGⅠ4勝の8連勝と負けなし。今回、15番という外枠がどう出るか。中京のダートは直線長いが逃げ、先行に有利な場合もあるので、届かないケースもあり得るが好位から抜け出してくるとみて本命の座は揺るがない。最終追い切りは平凡なタイムに終わったが史上2頭目の連覇に狂いはない。

クリソベルを脅かすならチュウワウィザードとみた。とにかく堅実で17戦して掲示板から外れた事は皆無。クリソベルには3連敗しているが、最終追い切りは栗東坂路4F52秒4ー38秒0ー12秒4。特にラスト2Fの24秒8を高く評価した大久保師。早め積極的なレースでクリソベルに一矢報いるつもりだ。

3番手にはクリンチャーを推す。ダートに転向したのは今年だが、7戦して1ー4ー1ー1と常に好走して、前走はダート重賞初制覇。比較的前に行けるタイプで5番枠なら先行して尚且つ末脚も使えるこの馬にチャンスは十分。今年8戦目と使い過ぎな気もするが、調子落ちはなく人気馬にひと泡吹かせるか。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

タイトルとURLをコピーしました