楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』ターコイズS

暖かい陽気からいきなり真冬の寒気に襲われて日本海側は積雪になっている所もあるようです。その寒さも影響してか全国でコロナウイルス感染拡大が止まらない。例年なら毎夜の忘年会に食傷気味になっているところだが、飲んで騒いでいたのが懐かしくなってきた。しかし、高齢者以外は感染しても軽い症状で終わるという情報も根拠なく、若い人でも重症になったり後遺症に悩まされると知っては夜の街に繰り出すのも二の足を踏む思いになっている。

そんな俗世間とは別世界のように中央競馬は一度も中止順延になる事なく一年間開催されてきた。あらゆるスポーツで感染者が出ている中で調教師、騎手をはじめとする競馬関係者には頭が下がる思い。その競馬もあと2週間で今年の開催を終える。今週は朝日杯フューチュリティステークス。来年のクラシック戦線とマイル路線を両睨みの馬もいるが、最終週のホープフルステークスと共に、2歳馬の大一番なのは間違いない。日本海側と違ってまた今週も良馬場のレースになりそう

おいしい水を水道水から【Locca】

● ターコイズステークス(GⅢ) 芝1600m

出走予定馬

アロハリリー    牝5 54 酒井

アンドラステ    牝4 54 岩田望

インターミッション 牝3 53 石川

クリスティ     牝3 53 松若

サンクテュエール  牝3 54 北村宏

シーズンズギフト  牝3 53 津村

シャインガーネット 牝3 54 田辺

スイープセレリタス 牝4 53 丸山

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

スマイルカナ    牝3 54 柴田大

トロワゼトワル   牝5 57 斎藤

ドナウデルタ    牝4 55 ルメール

ビッククインバイオ 牝3 53 戸崎

フェアリーポルカ  牝4 56 和田竜

モルフェオルフェ  牝5 52 江田照

ランブリングアレー 牝4 54 吉田隼

レッドレグナント  牝5 52 武藤

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

小回りの中山に多頭数の牝馬が集うハンディ戦となっては、正直何がくるか分からない感じだが、ここのイチオシはシーズンズギフト。デビューから大事に使われてまだ6戦だがスタートは速くはないが好位からの競馬が板に付いて安定した成績を残している。中山は重賞も含めて4戦全て3着以内と好相性。前走は牡馬強豪相手の富士ステークスで惨敗したが、このメンバーで53キロなら好勝負必至。テンの速い馬がいるのでそれを見ながら直線抜け出してくる。

対抗には同じ3歳のスマイルカナ。実績ではシーズンズギフトより上だが、今回は同型の馬がいるのですんなり逃げる事は難しい。枠順次第だが末脚が武器ではないだけに苦しいレースになりそう。ただ、ほとんどの手綱を取る柴田大は完全に手の内に入れている上に、3戦2勝で重賞制覇もある中山なら無様なレースにはならない。懸念は今年9戦目という過密日程だが……。

3番手にはフェアリーポルカを推す。関西馬だが中山、福島という関東の小回りが得意。今回のメンバーなら速い流れになるのは必至で、直線鋭い差し脚が見られそう。今年は全て牝馬限定の重賞レースだけを使って2勝と結果は残しているので56キロというハンディも想定内。ただ、これまで12戦して全て1800m以上。その点がどう出るか不明だが、乗り慣れた和田竜なら格好つけてくれるはず。

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

タイトルとURLをコピーしました