楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』フェアリーステークス

さぁ、3連休3日間開催!と思ったら皮肉にも東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県が非常事態宣言。特に、中山競馬場の開催はこんな非常時に競馬開催かよという意見もあるかもしれない。流石に、おおっぴらに競馬場ヘ通ったり、ウインズで馬券買うのは憚られるだろう。

その点、【おうち競馬】はありがたい。下手に友達と会ったり飲んだりしようものなら白い眼で見られそうだが、ネット投票して一人静かにテレビで楽しめるのは、コロナウイルス感染対策にも最適。ただ、みんなで競馬場やウインズで的中した時の喜びを味わえないのは残念だが……。

水道水からおいしい水を

● フェアリーステークス(GⅢ) 芝1600m

出走予定馬

アトミックフレア  牝3 54 酒井

オプティミスモ   牝3 54 藤井

カラパタール    牝3 54 横山武

クールキャット   牝3 54 津村

グロリユーノワール 牝3 54 野中

シャドウファックス 牝3 54 大野

タイニーロマンス  牝3 54 内田

テンハッピーローズ 牝3 54 福永

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ニシノエルサ    牝3 54 勝浦

ネクストストーリー 牝3 54 杉原

ビップエレナ    牝3 54 菊沢

ファインルージュ  牝3 54 ルメール

プリティインピンク 牝3 54 山田

ベッラノーヴァ   牝3 54 丸山

ホウオウイクセル  牝3 54 丸田

ラストリージョ   牝3 54 柴田大

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

抜けた実績のある馬はいない中、最も安定した成績を残しているテンハッピーローズのチャンス。新馬戦勝ちの後、サトノレイナスの2着。前走はGⅢアルテミスステークスでソダシの3着と、同世代の双璧と相見えて善戦している力はこのメンバーでは一枚上。栗東坂路4F52秒1ー38秒0ー12秒6の最終追い切りに満足気の高柳大師。手綱が戻る福永がセールスポイントに挙げる末脚で重賞初制覇。

対抗にはベッラノーヴァ。まだ、新馬戦を勝ち上がったばかりだが、18頭立て17番枠で出遅れながら、外から中団に押し上げて直線外目を一頭抜けた末脚で差し切り。道悪ではあったが次元の違いを見せ付けた。「予定通りの調教が出来た」という金成師が密かに狙う、同厩舎タイニーロマンスとのワンツーフィニッシュがあるか。

三番手にはクールキャット。新馬戦の快勝の後、アルテミスステークスで5着に敗れたが、持ち味は鋭い決め脚。美浦W4F52秒5ー38秒1ー12秒5の最終追い切りに、「トモの具合がかなり良くなっている。終いも凄くいい脚を使っていた」という奥村武師。前走は休み明けの14キロ増。今回は直線一気に台頭する雰囲気が漂っている。

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

タイトルとURLをコピーしました