楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』京成杯

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に発令されていた【緊急事態宣言】が1月13日、栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県の7府県にも発令されて計11都府県に拡大した。もう、全国的な感染広がりにいつ誰が感染してもおかしくない状況になってきた。

JRAは先週、首都圏での無観客開催を発表したが、中京競馬場に加えて今週からは小倉競馬場でも開催されるが、両競馬場も無観客開催にした方が良いと思う。今まで、競馬場での感染は確認されていないようだが、感染してからでは遅い。開催最優先ですぐにも無観客開催にして欲しい。

おいしい水を水道水から【Locca】

● 京成杯(GⅢ) 芝2000m

出走予定馬

アクセル      牡3 56 横山典

エイカイファントム 牡3 56 岩田望

グラティアス    牡3 56 ルメール

スウィートブルーム 牝3 54 柴田大

タイソウ      牡3 56 石橋脩

タイムトゥへヴン  牡3 56 デムーロ

タケルジャック   牡3 56 北村宏

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

テンバガー     牡3 56 戸崎

ディクティター   牡3 56 北村友

ブラックロータス  牡3 56 三浦

プラチナトレジャー 牡3 56 田辺

ラカン       牡3 56 津村

ヴァイスメテオール 牡3 56 丸山

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

本命には前走の未勝利戦を8馬身差圧勝のタイムトゥへヴンを推す。新馬戦と2戦目は共に出遅れが響いて4着に終わったが、今回と同条件の中山2000mの良馬場で迎えた前走、スタートが決まって2番手追走。直線で交わすと他馬を寄せ付けず上がり最速でゴール。

母は桜花賞馬で重賞4勝の名牝キストゥへヴン。「母に似て気の強いところがあるが、競馬に行けば上手く走ってくれる。一週前追い切りは終いしっかりしていて良い動き」と期待する陣営。今の中山の馬場も合っていそうで、スタートさえまともなら前走の再現もある。

対抗にはタイソウ。まだ、新馬戦を勝っただけの馬だが、その内容が秀逸。逃げ馬を見ながらやや離れて2番手を追走。直線で抜け出すと他の馬に並ばせる事なく3馬身引き離してゴール。最終追い切りは栗東坂路53秒6ー38秒8ー12秒3。「気合をつけただけで12秒3ですからね。一週前追い切りも100m前の2頭をまくり切った。モノが違う」とべた褒めの西園師。シンザン記念に続いてモーリス産駒が躍動するのか。

3番手には新馬戦勝ち上がりながら人気になりそうなグラティアス。その新馬戦は好スタートから先手を取って緩いペースに落として長い東京の直線を逃げ切った。中山であのレースが出来れば前走の再現があるか。しかし、今回は有力馬に好位勢がいて楽なレースにはならないのでは……。それでも押し切れるなら本物と言える。

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』
タイトルとURLをコピーしました