楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』日経新春杯

新年も半月を過ぎてようやく自分の生活や仕事のペースも戻ってきた人も多いでしょう。コロナウイルス禍で医療機関や保健所などの関係者は年末年始の休暇も思うように取れなかった事と思います。そんな中、地方の公務員は1月13日が仕事始めというニュースを見て、呑気なものだねと呆れてしまった。

言い訳は12月29日から1月3日までの年始休暇の他に、その期間の前後に休暇を取って4日頃に全員が出勤する密を避けるためのコロナウイルス対策……、みたいなよく分からない理由。コロナウイルス禍で解雇される人も多い中、公務員がこんな事していて、納税者の理解が得られるんだろうか……、競馬に無関係だけど怒りのままに書いてしまいました。

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

● 日経新春杯(GⅢ) 芝2200m

出馬表

 1 ダイワキャグニー  セ7 57.5 内田

 2 ロサグラウカ    牝6 51.0 荻野琢

 3 サトノソルタス   牡6 55.0 池添

 4 サンレイポケット  牡6 55.0 荻野極

 5 ミスマンマミーア  牝6 52.0 松若

 6 エアウインザー   セ7 56.0 高田

 7 バレリオ      牡6 55.0 和田竜

 8 サトノインプレッサ 牡4 56.0 坂井

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

 9 ヴェロックス    牡5 57.0 川田

10 アドマイヤビルゴ  牡4 56.0 武

11 クラージュゲリエ  牡5 56.0 福永

12 ワセダインブルー  牡6 54.0 大野

13 レイホーロマンス  牝8 51.0 高倉

14 ショウリュウイクゾ 牡5 53.0 団野

15 レクセランス    牡4 54.0 西村淳

16 ミスディレクション セ7 54.0 太宰

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

ここは力が一枚上のヴェロックスから。3歳時は皐月賞2着、ダービー3着、菊花賞3着とクラシック戦線の主役級の活躍。その後、有馬記念、小倉大賞典と惨敗。昨年の中日新聞杯で10ヶ月ぶりを3着と好走。一叩きされてこのメンバーなら格上で恥ずかしいレースは出来ない。

14日、栗東CWでの追い切りで6F82秒0ー37秒7ー12秒1で余裕を持って先着。「前走は長期休養明けで内容のある競馬が出来た。今回はもう一つ動ける状態に上がってくるとみている」と片山助手。57キロのハンディを背負うが、実力と叩かれた上積みで勝機。

2番手にはクラージュゲリエを推す。なかなか順調に使われずに出世が遅れているが皐月賞、ダービーでも実力は証明済み。その後、2度の休養を挟んで前走アドマイヤビルゴに僅差の2着。今回の追い切り後、「まだちょっと重い気がする。日曜日までにどれだけ良くなるか」と慎重な池江師。しかし、この一追いで馬体が絞られればハンディ的には十分勝負になる。

面白いのはダイワキャグニー。ご存じ左回り専用馬で57.5キロのトップハンディだが、1番枠を引いて逃げ、先行が出来れば怖い存在。最終追い切りは美浦坂路4F50秒9ー37秒6ー12秒4を余裕を持ってマーク。「今日は坂路で体を大きく使うイメージで非常に良かった」と、自ら手綱を取った菊沢師。去勢効果で進化を遂げた7歳馬が全8勝の左回りコースで重賞2勝目を狙う。

おいしい水を水道水から【Locca】

タイトルとURLをコピーしました