楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』根岸ステークス

早いもので1月も最終週。はっきり言って1月は前年のGⅠ戦線の興奮も醒めて静かなスタートという感じ。一応、伝統の重賞はあるけど超一流馬が始動する事も少なく、そそられるレースはあんまりない。2月はフェブラリーステークスがあって、3歳クラシックに向けた重賞が多くなって、そろそろ春の足音が聞こえてくるというところかな。

やはり、本当にワクワクして競馬が楽しくなるのは3月からかな。クラシックや古馬GⅠのトライアルレースも本格的に始まって、毎日ネットや新聞で注目馬の動向をチェックしたりして、週末が待ち遠しくてたまらなくなる。と言いながら、結局1月も2月も毎週馬券は買っているんだけどね……。

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

● 根岸ステークス(GⅢ) ダ1400m

出馬表

 1 ワンダーリーデル  牡8 56 田中勝

 2 スマートダンディー 牡7 56 内田博

 3 レッドルゼル    牡5 56 川田

 4 ダイメイフジ    牡7 56 柴田大

 5 ブルベアイリーデ  牡5 56 大野

 6 タイムフライヤー  牡6 57 ルメール

 7 ヤマニンアンプリメ 牝7 55 武豊

 8 スマートセラヴィー 牡5 56 戸崎圭

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

 9 ヘリオス      セ5 56 北村宏

10 メイショウテンスイ 牡4 55 蛯名

11 サブノジュニア   牡7 59 森泰斗

12 テイエムサウスダン 牡4 55 石橋脩

13 サクセスエナジー  牡7 57 酒井

14 アルクトス     牡6 59 田辺

15 デザートストーム  牡7 56 三浦

16 ステルヴィオ    牡6 58 横山武

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

ここは枠順にも恵まれたレッドルゼルから。まだ、重賞勝ちはないが着実に力を付けてオープン、リステッドで2勝。別定戦で56キロで出られるのも有利。4F55秒0ー39秒3ー12秒2の最終追い切り後、「2週続けてしっかり追って、輸送もあるので流した程度。動きは良く状態はいい」と好感触の安田隆師。ここ2走続けて控える競馬で結果を出して、最終目標のフェブラリーステークスに勝って乗り込むつもり。

対抗はヘリオス。芝とダートの併用からダート一本に絞ってから急成長。前目でレース出来るのも面白い存在。ずっと1200mで使われてきたが前走1400mで快勝。「メンバーはかなり強くなるが次を見据えて賞金を加算出来れば」と期待する寺島師。去勢して集中力が出て来た今なら前走と同じ舞台のここを制して、フェブラリーステークス挑戦も夢ではなくなってきた。

層の厚いダート戦に果敢に挑んできた4歳馬テイエムサウスダン。2歳、3歳時から世代のトップ勢力として交流重賞、オープン、リステッドとオープンクラスで勝ってきた。上の世代との戦いでも勝利を掴んで確実に力を付けている。「いい状態で来ている。左回りのこの距離はいい」と飯田師。積極策からの押し切りでJRA初重賞制覇を目論む。

おいしい水を水道水から【Locca】
タイトルとURLをコピーしました