楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』チューリップ賞

個人的な事だがスマホの機種変更した。やはり、慣れるまではちょっと戸惑う事が多い。私の場合はすき間時間を利用してブログを書く事も多いからスマホでだいたい編集しておくので、新しい機種を完全にこなせるようになるまでは試行錯誤で大変。ま、何事も習うより慣れろと言われるが正にその通りで、2、3日もすればどうって事もないのだが……。

さて、その慣れるまで大変なのが今週からデビューする新人調教師と騎手。中でも注目は藤田菜七子騎手以来5年ぶりとなる女性騎手。しかも、同じ栗東所属で2名デビュー。藤田が美浦で一人だけの女性騎手としてデビューしたのに比べるとお互いに励まし合う同僚がいるのは心強いが、勝負の世界だからそんな甘えた事も言っていられないだろう。頑張ってと言うしかない。

競輪くじならGambooBET(ギャンブーベット)

● チューリップ賞(GⅡ) 芝1600m

出走予定馬

エイシンピクセル  牝3 54 団野

エリザベスタワー  牝3 54 川田

シャーレイポピー  牝3 54 福永

シャドウエリス   牝3 54 岩田望

ストゥティー    牝3 54 松山

タイニーロマンス  牝3 54 内田博

タガノディアーナ  牝3 54 和田竜

テンハッピーローズ 牝3 54 池添

バリコノユメ    牝3 54 藤懸

マリーナ      牝3 54 岩田康

メイケイエール   牝3 54 武豊

レアシャンパーニュ 牝3 54 幸

このメンバーならメイケイエールで負けられない。一番強かったのは新馬戦だったが、とりあえずその後の2戦も期待に違わずしっかり勝ち切ったたのは並みの馬ではない証。前走のGⅠジュベナイルフイリューズは距離が延びた上に大外18番枠で出遅れたにもかかわらず4着に入線。栗東CW4F55秒1ー38秒8-11秒9を鋭い反応でマーク。折り合い面にも進境を見せ、勝って桜花賞の主役に踊り出る。

2番手にはシャーレイポピー。2戦目の未勝利戦が逃げて尚且つ上がり最速の脚を披露しての圧勝。前走は出遅れて不完全燃焼のレースに終わったが、スタート随一の福永が同じ轍を二度も踏むはずもなく、すんなり逃げられたら簡単には捕まらない。状態が良いという石坂師。先週定年を迎えた父の石坂正氏に一週遅れの吉報を届けるか。

3番手には重賞で2戦続けて好走のテンハッピーローズ。前走は壁を作れなかったのが敗因という高柳大師。栗東坂路4F53秒8ー39秒2ー12秒7の最終追い切りに「動きは良かった。予定通りの調教で状態もいい」と分析する。まだ1勝馬だけにまずは本番に向けて3着以内の権利取りは譲れない。

あの「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」がご自宅で食べられる【俺のEC】

タイトルとURLをコピーしました