楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』中山牝馬ステークス

いよいよクラシック戦線の足音が聞こえてきた。先週のチューリップ賞、ディープインパクト記念弥生賞に続いて今週は桜花賞トライアルレース、フィリーズレビューが行われる。しかし、トライアルは本番に向けた調整も兼ねているので仕上がり具合には要注意。 

本番への賞金が足りなくてトライアルに全てを掛けて臨む格下の馬。対して実績のある馬は勝ち負けより本番で100%力を出せるように、8分くらいの仕上げで出走する場合があり、当日の両者の比較が難しい。基本的には強い馬が勝つのが競馬と思いたいのだが……。


競輪くじならGambooBET(ギャンブーベット)

● 中山牝馬ステークス(GⅢ) 芝1800m

出走予定馬

アブレイズ     牝4 54 藤井

アルーシャ     牝6 55 ルメール

インターミッション 牝4 53 石川

サトノダムセル   牝5 53 田辺

シーズンズギフト  牝4 53 津村

シャドウディーヴァ 牝5 54 岩田康

スイープセレリタス 牝5 52 横山武

デンコウアンジュ  牝8 56 柴田善

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ドナアトラエンテ  牝5 53 戸崎

フェアリーポルカ  牝5 55 和田竜

ホウオウピースフル 牝4 53 大野

ランブリングアレー 牝5 55 武豊

リアアメリア    牝4 55 福永

リリーバレロ    牝6 52 デムーロ

ロザムール     牝5 52 北村宏

ロフティフレーズ  牝6 52 丸山


格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

牝馬の多頭数に中山のハンディ戦の上に重馬場となりそうな難解なレース。何がくるか頭を抱えたくなるが重賞2勝のリアアメリアにかけてみる。新馬、重賞の連勝でジュベナイルFでは1番人気に推された素質馬。その後、ローズSも勝っているので距離の心配はない。ハンディよりも問題は重馬場か。川田から初騎乗の福永へのスイッチで積極策で抜け出してくる。

対抗にはフェアリーポルカ。もともと、ムラがある馬だが7戦連続騎乗の和田竜が手の内に入れているので不安はない。昨年のこのレースを不良馬場で差し切っているので今週の馬場も合うはず。泥んこの馬場から抜け出すシーンも見られるか。

3番手にはこのところ好調なシャドウディーバ。もともと、岩田のお手馬だったが前走約1年半ぶりのコンビ復活した東京新聞杯で後方から追撃して3着。中山での実績もあり、距離的にも1800mはベスト。今年好調の岩田康の一発で初重賞制覇まであるか。

銀座の行列店「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」公式オンラインショップ【俺のEC】
タイトルとURLをコピーしました