楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』ファルコンステークス

1都3県に出されている緊急事態宣言が解除される。しかし、東京の感染者数はリバウンド傾向の上に、各地で変異株が蔓延になりつつある。どこに、解除の要因があるのか分からない。これから桜が咲き、新年度で異動の時期を迎えて人の移動が増える。こんな状況で緊急事態宣言を解除するとは、政府はもうコロナウイルス終息を諦めたのだろうか。

経済を回さなければならない上に、東京オリンピックが控えているのでいつまでも緊急事態宣言を続けているわけにも行かないのだろうが、国民の命を守り抜くのが政府の一番の使命のはず。島根県知事みたいに思い付いた事を喚き散らすのも考えものだが、緊急事態宣言を解除するなら菅総理にはきちんと国民に説明する義務がある。

あの「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」がご自宅で食べられる【俺のEC】

● ファルコンステークス(GⅢ) 芝1400m

出走予定馬

アスコルターレ   牡3 57 鮫島駿

インフィナイト   牝3 54 藤井

グレナディアガーズ 牡3 57 川田

サルビア      牝3 54 池添

ショックアクション 牡3 57 戸崎

トーセンウォーリア 牡3 56 菱田

ニシノアジャスト  牡3 56 勝浦

ファルヴォーレ   牡3 56 秋山真


あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

フォイアーロート  牡3 56 中井

ホーキーポーキー  牝3 54 城戸

モントライセ    牡3 57 ルメール

ラングロワ     牝3 54 ○○

ルークズネスト   牡3 56 幸

ロードマックス   牡3 56 福永

ヴィジュネル    牡3 56 藤岡康

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

抜けた馬が見当たらず混戦必至。グレナディアガーズが人気にはなるだろうが、鞍上が先週の二の舞を演じそうで軸には出来ない。ただ、枠順や調教、気配などで軸馬が変わる場合もあります。

本命にはショックアクション。未勝利戦と新潟2歳ステークスが強かった。前走の朝日杯フューチュリティステークスは、4、5番手のインという絶好の位置につけたが直線伸びずに13着の大敗。内側が伸びない馬場と、スムーズに抜け出す場所もなかったのが敗因か。今度は2勝している新潟と同じ左回り。戸崎も3戦目の手綱で2走前の新潟2歳ステークス同様の積極的なレース運びで抜け出してくる。

実績ではGⅠ朝日杯フューチュリティステークスを勝っているグレナディアガーズが最上位も、2着、3着馬のように評価が高かった訳でもなく、鞍上にもノーマークの出し抜け的な気楽な面もあった。このレースで真価が問われる。栗東坂路の調教後、「落ち着いていて重厚感、風格が出てきた印象で、休み明けの馬としては雰囲気がすごく良い」と言う陣営。このレースを勝てるなら本物だが、今回は2番手評価。

3番手には前走のシンザン記念で2番手に着けながらまさかの最下位15着に沈んだロードマックス。出遅れながら鋭い末脚で善戦した朝日杯フューチュリティステークスでも分かるように実力はある。陣営はマイルでは距離が長いとみて、この距離を選択。今回は福永に手綱を委ねるが、名手が最も得意とする中京コースで新味を見せれば勝つ場面まである。

宝くじより凄いかも! キャリーオーバー時最高12億円!
しかも1枚200円で買える夢の競輪くじはこれ!

タイトルとURLをコピーしました