楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』毎日杯

桜が見頃。コロナウイルス禍の中でも変わらず綺麗な淡いピンクで目を楽しませてくれる。いつもなら、花見と称しての宴会があちこちで繰り広げられるが、さすがに今年も昨年に続いて無理だろう。ま、確かに会社の仲間や友人達とのどんちゃん騒ぎは楽しいが、一人静かに夜桜を眺めるのも風流かな。

今年の桜は全国的に早く、札幌の満開予想が4月30日。確か、例年は5月半ばか下旬だったような気がする。今年の冬は寒く感じたので開花が遅いと思っていたが、冬の寒さで目覚めて2月頃に暖かい日が多かったから開花が早まったらしい。天気予報はあてにならないが、こういう事は結構当たる。馬券🐴🎫も見習いたいものだが……。

宝くじより凄いかも! キャリーオーバー時最高12億円!
しかも1枚200円で買える夢の競輪くじはこれ!

● 毎日杯(GⅢ) 芝1800m

出走予定馬

ウエスタンバード   牡3 56 国分優

グレートマジシャン 牡3 56 ルメール

シャフリヤール   牡3 56 川田

ダティーズビビッド 牡3 56 浜中

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ディープリッチ   牡3 56 藤井

プログノーシス   牡3 56 藤岡佑

ルぺルカーリア   牡3 56 福永

レヴェッツア    牡3 56 池添

ロジローズ     牡3 56 団野

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

2歳王者と言われたダノンザキッドも桜の開花を待たずに散って、今年のクラシック戦線は重賞ウィナーがコロコロ替わる混戦模様。多士済々と言えば聞こえは良いが、昨年のコントレイルやサリオス級の大物は不在。『東上最終便』と言われる毎日杯は、本来なら中2週で迎える皐月賞は日程的に不利でおすすめ出来ないが、今年の勝者なら……と思いたくなるような楽しみな馬が揃った。

本命はルぺルカーリア。今年亡くなった名牝シーザリオの最後の牡馬でエピファネイア、リオンディーズ、サートゥルナーリアという大物3頭を兄に持つ良血馬。新馬戦はまさかの4着と期待を裏切ったが4ヶ月ぶりで迎えた前走、500キロにパワーアップした馬体で、直線外から余力十分で3馬身差の快勝。24日の追い切りは古馬を追走して馬なりで併入。「先週も福永に乗ってもらって抑え切にれないぐらいの手応え」と、良血開花を感じ取った友道師。無双の母とコンビを組んだ福永がシーザリオに勝利を手向ける。

対抗にはこちらも劣らぬ名血のシャフリヤール。このレースにめっぽう強いディープインパクト産駒で皐月賞馬アルアインの全弟。新馬戦で難敵ヴィヴァンを交わして勝利を飾って、いきなり臨んだ共同通信杯。休み明けの格上挑戦ながら大外から追い込んで3着。「前走は長距離輸送、左回りという初物尽くしの中で能力を見せてくれた。まだまだ上に行ける素質を感じる」という陣営。兄に続く皐月賞馬となるには勝つしかない。

良血馬2頭を相手に1番人気に支持されそうなグレートマジシャン。東京1800mで2戦2勝の無傷で重賞初挑戦。前走は出負け気味のスタートから直線は上がり最速の脚で 他馬を寄せ付けずに快勝。中間はしっかり負荷をかけられて順調な調整。ただ、初の長距離輸送の上に既に前走時より減っている馬体が心配。ここで勝つなら本物と言えるが……。

あの「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」がご自宅で食べられる【俺のEC】

タイトルとURLをコピーしました