楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』函館スプリントS

菅総理が狂ったようにワクチン接種に走っている。焦って大丈夫かなと思っていたら、今のところ予想外に好調で高齢者どころか、一般接種も始まりそうな状況になってきた。政権浮揚のためとか、オリンピック開催のためとか言われながらも、愚直にワクチン接種にかけた事が今のところは功を奏しているようだ。

これで、オリンピック中止か再延期を決めれば宰相として名を残す事も可能だろうが、いくらワクチンを早めてもオリンピック開催で、第5波を呼び込んでジ・エンドだろう。まだ、無観客なら何とか持ちこたえる可能性もあるが、観客まで入れたら夏休み、お盆休暇で緩みっ放しになりリバウンドは目に見えている。

競輪くじならGambooBET(ギャンブーベット)

● 函館スプリントステークス(GⅢ) 芝1200m

出走予定馬

アスタールビー   牝5 54 池添

アルピニズム    牡4 56 団野

カツジ       牡6 57 岩田康

カレンモエ     牝5 54 鮫島駿

ケープコッド    牝4 54 吉田隼

コントラチェック  牝5 55 丸山 

シゲルピンクルビー 牝3 50 泉谷

ジャスティン    牡5 58 坂井

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ジヨーアラピカ   牡7 56 横山和

センショウユウト  牡6 56 中井

タイセイアベニール 牡6 56 小崎

ビアンフェ     セ4 56 藤岡佑 

マイネルアルケミー 牡5 56 黛

ミッキーブリランテ 牡5 56 和田竜

リンゴアメ     牝3 50 ○○

ロードアクア    牡5 56 田中健

本命ばビアンフェ。デビューから1200mで好成績を残し距離を延ばしてGⅠにも挑んだが、適性距離のスプリントに戻して生き返った。札幌は初めてだが洋芝の函館1200mは3戦2勝2着1回。平坦で266mしかない直線なら逃げ切り濃厚。 

札幌芝コース5F72秒3-12秒2を単走馬なりでマーク。栗東でしっかり乗り込まれて3ヶ月ぶりだが体は出来ている。デビュー戦から10戦全て手綱を取る藤岡佑でスタートを決めて一気の逃げと迷いはない。高低差がない開幕の馬場なら止まらない。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

相手には3歳牝馬のシゲルピンクルビー。まだキャリア4戦でマイルのGⅠ2戦は惨敗だが、1400mは2連勝で初めてのスプリント戦になるが距離短縮はむしろ歓迎。函館Wコース5F69秒4-12秒4を馬なりで併入の追い切り。「調整程度だが動きは良かった。1200mも対応してくれるはず」という陣営。50キロなら負けられない。

三番手にはカレンモエ。デビューが遅かったが、ロードカナロアにカレンチャンという短距離ではこれ以上ない配合。これまでの10戦全て1200m戦で全て1番人気。期待に応えて着外は一度だけという安定感。札幌芝4F53秒4-37秒7-11秒9を馬なりでマーク。このところGⅢ戦で連続2着だが、大きいところを目指す良血は負けられない。

タイトルとURLをコピーしました