楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』京成杯オータムハンデキャップ

今週から待ちに待った秋競馬。暑さと雨から逃れて爽やかな秋の陽気の中での競馬を楽しみたいが、どうかな。ま、馬券を握り締めて大声を出しての観戦はまだ先のようだが、このところの東京都のコロナウイルス感染状況をみていると峠を越したのかなと思いたくなる。が、油断するとすぐにぶり返すのがこの感染症の怖いところなので、まだ競馬観戦は止めておいた方が良いかな。

● 京成杯オータムハンデキャップ (GⅢ)芝1600m

出走予定馬

アカノニジュウイチ 牝4 53.0 横山典

カテドラル     牡5 56.0 戸崎

カラテ       牡5 57.0 菅原明

カレンシュトラウス 牡4 55.0 池添

グランデマーレ   牡4 55.0 藤岡康

グレナディアガーズ 牡3 56.0 川田

コントラチェック  牝5 55.5 大野

ステルヴィオ    牡6 58.0 横山武

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

スマートリアン   牝4 53.0 三浦

スマイルカナ    牝4 55.0 柴田大

バスラットレオン  牡3 54.0 藤岡佑

ベステンダンク   牡9 56.0 武藤

マイスタイル    牡7 57.0 横山和

マルターズディオサ 牝4 55.0 田辺

レイエンダ     セ6 57.0 津村

ワイドファラオ   牡5 57.5 柴田善

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

本命はバスラットレオン。枠順にもよるが逃げたら最も怖い一頭。これまでの3勝は全て逃げ切り。かといって、逃げられなかった場合でも大負けはなく、中山の開幕週なら先手を取っても2、3番手からでも渋とく粘れるはず。騎手もこの馬で2勝あげ、思い切りの良い藤岡佑だけに期待が持てる。

栗東坂路4F50秒2-36秒7-12秒3で同厩舎のミッキーブリランテに0秒8先着した最終追い切り。「時計的には動けている。この一追いでどこまで変わるか」と、レースでも騎乗の藤岡佑。同じ牡3歳馬のグレナディアガーズの56キロから2キロ軽い54キロで、負ける訳にはいかない。

対抗にはカラテを推す。2000m前後の距離からマイル戦線に変えてから大躍進。2月の東京新聞杯で初重賞制覇。前走関屋記念でも中団から追い上げて2着など充実ぶりが際立っている。「いい動き。前走は7、8分のデキ。上積みもあるし、条件も揃っている」と高橋祥師。理想は好位からの競馬だが前目でも後ろからの競馬でも出来る自在性がある。2つ目の重賞で秋のマイル王に名乗りを上げるか。

3番手には3連勝で一気にオーブン入りしたカレンシュトラウス。これまで9戦して4勝2着3回3着2回と安定した成績で、鋭い差し脚が魅力だが前で競馬出来る自在性も持ち合わせる。栗東坂路4F52秒1-37秒4-12秒0に、「仕上がりは悪くない。まだ良くなる余地を残している」と腕を撫す継続騎乗の池添。55キロのハンディも想定内で4連勝で初重賞制して、この秋最大の上がり馬になれるか。

宝くじより凄いかも! キャリーオーバー時最高12億円!
しかも1枚200円で買える夢の競輪くじはこれ!

タイトルとURLをコピーしました