楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』北九州記念

毎日、憂鬱になる事ばかりですね。夕方のニュースを観ればコロナウイルス感染者数が全国各地で最多になったとか、大雨で川が氾濫しましたとか、甲子園の高校野球が順延になりました……。フーッとため息を吐きたくなる話題ばかり流れてくる。帰省出来なかった人にとっては、どれもが故郷に関わる事ばかりなので余計気になるだろう。

それなのに、最近少しカチンと来ている話題がある。毎日のように東京オリンピックメダリストが故郷に錦を飾る……、みたいにトピックスとして取り上げられている。ま、確かにオリンピックではメダリストをはじめとする選手達の活躍に楽しませてもらった。しかし、一般市民には帰省自粛を促しておいてアスリートは歓迎かよ、と一言嫌味を言いたくなるのは私だけだろうか……。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

● 北九州記念(GⅢ) 芝1200m

出走予定馬

アウィルアウェイ  牝5 55.5 松山

アスコルターレ   牡3 52.0 藤岡康

エングレーバー   牡5 54.0 浜中

コンパウンダー   牡6 53.0 荻野極

シゲルピンクルビー 牝3 52.0 和田竜

ジャンダルム    牡6 57.5 福永

ノーワン      牝5 53.0 川又

ファストフォース  牡5 55.0 鮫島駿

ファンタジステラ  牡7 54.0 藤井

ボンセルヴィーソ  牡7 55.0 冨田

ボンボヤージ    牝3 52.0 岩田望

メイショウカリン  牝7 51.0 酒井

メイショウキョウジ 牡6 54.0 斎藤

メイショウケイメイ 牝5 51.0 藤懸

モズスーパーフレア 牝6 56.5 松若

ヨカヨカ      牝3 51.0 幸

レッドアンシェル  牡7 58.0 武

ロジクライ     牡8 56.0 秋山真

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

小回り小倉の多頭数の短距離のハンデ戦。これでもかと難題を吹っ掛けられてる気分だが、勝つのはジャンダルム。デビューから2連勝してエリートコースに乗り、3歳時にはクラシック路線を歩んだが惨敗。そこからマイル、1400mと距離を短縮して前走初めてのスプリント戦を快勝。6歳にして適距離を見出だしたのか、真価を問われる一戦。

最終追い切りは栗東坂路4F53秒3-38秒4-12秒0と軽めだったが、2週前に4F50秒3、一週前に4F49秒4と一杯に追われて万全。スプリントGⅠ2勝の名牝ビリーヴを母に持つ良血。「やはり母の影響でしょうか、1200がベストだったのかもしれません、前走が一番強い内容だった」と池江師。その母で4つの勝ち鞍を上げている名手福永を配して、秋のスプリントGⅠへ名乗りを上げるのか。

相手にはボンボヤージ。前走3勝クラスを卒業したばかりで人気の盲点になっているが、二番手から直線先頭に立って上がり最速で押し切った脚は秀逸。このところ乗り続けて前走も勝たせている川須から交代するのは疑問だが、この馬でも勝鞍があり新潟でも勝ち星を上げていた岩田望なら懸念は少ないか。ハンディ52キロなら初重賞制覇のチャンスがありそう。

三番手には3歳牝馬のヨカヨカを推す。デビューから1200mで3連勝の後、距離を伸ばしてGⅠ戦線に挑んだが善戦むなしく未勝利に終わった。しかし、桜花賞の後スプリント戦に戻して好勝負を演じている。栗東坂路4F51秒6-37秒5-12秒2を馬なりでマークした最終追い切り。「.輸送しても体が減らないし、カイバも食べているのでしっかりやった」と谷師。夏の小倉で昨年の快進撃の再現か。

宝くじより凄いかも! キャリーオーバー時最高12億円!
しかも1枚200円で買える夢の競輪くじはこれ!

タイトルとURLをコピーしました